Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

高橋由一《本牧海岸》1877年(笠間日動美術館蔵)

写実絵画のいまむかし

19/5/25(土)~19/7/28(日)

笠間日動美術館

目に見える世界を写す、これは絵画制作の原点とも言える行為だ。ではなぜ私たちは世界を写し、また写された世界を観たいと感じるのだろうか。それは、この世界を「再現」する行為自体に、計り知れない魅力があるからかもしれない。
本展は「写実」をキーワードに、日本の近代から現代にかけての美術を紹介するもの。油絵の具の登場によって、より迫真的な表現が可能となった幕末明治、そもそも「リアリティー」とは何か、を画家たちが追求した戦前、そして本物と見紛う静物画や体温をも感じさせる人物画、白昼夢のような風景画を展開する現代。それぞれの時代に画家たちが追い求めた「写実」の世界を堪能できる。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日休館(7月15日は開館)、7月16日

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学・小学生無料

※20名以上の団体は各200円割引
※障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引
※春風萬里荘との共通券:大人1,400円、大学・高校生900円、中学・小学生 無料、65歳以上1,100円(20名以上の団体は200円割引、障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む