Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

企画展「有栖川宮家・高松宮家ゆかりの新収蔵品」

19/8/31(土)~19/10/27(日)

國學院大學博物館

國學院大學の経営母体であった皇典講究所は、明治15(1882)年に創立した。初代総裁に就任された有栖川宮幟仁親王が同所開黌式において示された「告諭」は、今日においても同学の「建学の精神」の基礎をなすものとして受け継がれている。
このような創立以来の有栖川宮家とのご縁から、同学では有栖川宮家の祭祀を継承された高松宮宣仁親王妃喜久子殿下のご高配により、ご襲蔵してこられた有栖川宮家ならびに高松宮家ゆかりの品々を拝領し、収蔵している。
本展示では、同学と両宮家との関わりを紹介すると共に、昨年新たに収蔵した品々を公開。精巧で美術的価値の高い両宮家伝来の品々をご鑑賞いただければ幸いである。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、9月30日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

無料

お問い合わせ

アプリで読む