Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

京都文化力プロジェクト関連事業 舞妓モダン

20/10/6(火)~20/11/29(日)

京都文化博物館

舞妓。いまや京都を代表する文化の一つとして知られているが、その歴史の詳細は意外にもわからないことばかりだ。伝統文化の象徴のように思われる舞妓だが、絵画に盛んに描かれるようになったのは近代以降のこと。明治5年、都をどりなどが始まると、芸舞妓が伝統都市・観光都市としての京都を象徴する存在として知られていく。明治26年に黒田清輝が《舞妓》(東京国立博物館・重要文化財)、明治42年に竹内栖鳳が《アレ夕立に》(髙島屋史料館)を発表すると、大正期にかけて、舞妓が盛んに描かれるようになる。そこでの舞妓は、美しく、時に妖しく、画家によってさまざまに描かれ、昭和期に入っても舞妓は多くの芸術家を惹きつけた。
本展では、都をどりの始まりから、舞妓が近代京都において、古都を象徴するイメージとして成長していく過程を、絵画作品を中心に紹介する。可憐で艶やかな舞妓図の競演を京都文化博物館で楽しんでほしい!
※会期中展示替えあり

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日休館(祝日の場合は開館、翌日休館)

※金曜日は19:30まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1500円(1300円)、大高生1100円(900円)、中小生500円(300円)

※( )内は20名以上の団体料金
※上記料金で2階総合展示室と3階フィルムシアターもご覧いただけます。フィルムシアターは催事により有料の場合があります。

出品作家

ほか

お問い合わせ

アプリで読む