Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Ride With Me, 2019. 36” x 36” x 9”

タイレル・ウィンストン個展「The World Is Filled...」

19/10/12(土)~19/10/29(火)

Kaikai Kiki Gallery

日本では初となる今回の個展は、マンハッタンやブルックリンの街角に捨てられていたところを作家が拾い集めてきたスポーツ用品を通して、我々の生と死に対する捉え方を掘り下げるものである。ごみの山に埋もれた空気の抜けたボールたちは、忘れ去られ、存在を無視され、ほとんど何の役にも立たない。しかしウィンストンの作品は、そのがらくたの塊の中に息づく命に焦点を合わせる。使用済みだったり、拾ってきたりしたボールのみを使った彼の制作手法は、公益に資する行為であり、考察する行為であり、また一見するととりたてて重大な意味を持っていなそうな、人間の存在を記録するそれらの物体の中に恒久的に残されたエネルギーに魅せられた行為でもある。展示されているボールはどれも、作家が与り知らないそれぞれに独立した生活を送ってきており、かつてはスポーツの試合でチームや観客をひとつにする役割を担っていた。それらのひとつひとつが宿す無数にも思える物語は、表面に残された使用感や傷を眺めたとき、明白に浮かび上がってくる。
こういったボールは世界中の都市や郊外のあらゆるところで見受けられるもので、都会と田舎という区別こそあれ、郊外のガレージで箱にしまい込まれたまま何年も忘れ去られているボールたちも、都市の側溝に落ちているつぶれたボールも、同じようにチームワークと希望、そして団結の歴史を象徴している。それらの物体は当初意図されていた機能は失ったかもしれないが、決して死んでしまったわけではないのである。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~19:00、水曜休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む