Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展「東山魁夷 日本美の象徴」

19/10/26(土)~19/12/22(日)

市川市東山魁夷記念館

東山魁夷は戦後、風景作家として確たる地歩を築き、日本画壇を牽引するに至った。
1968(昭和43)年、東山は、吉村順三の設計による皇居新宮殿新築に伴って依頼された壁画《朝明けの潮》の制作に向かう。
東京国立近代美術館にまとめて収蔵される壁画《朝明けの潮)のスケッチと小下図には、日本の海を自然美の象徴と捉えて大画面に向かう画家の視線がつぶさに確認される。
本特別展では、東京国立近代美術館の特別協力を得て、本壁画制作の全貌を二部構成(前期・後期)にて紹介し、東山魁夷の日本美の象徴に迫る。
※会期中展示替えあり
前期:10月26日(土)~11月24日(日)
後期:11月26日(火)~12月22日(日)

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(11月4日(月)は開館、翌11月5日(火)は休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円(480円)、65歳以上480円、高大生300円(240円)、中学生以下無料

※( )内は25人以上の団体料金
※いちかわエコボカード(満点カード)で1名が無料で入場可
※障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は、観覧料が無料
※市川市文学ミュージアムの利用済みチケット、チーパス、千葉県外の子育て支援パスポート、および市川市の多世代ファミリーカードをご提示いただいた方は観覧料2割引(65歳以上の方はあらかじめ割引料金となっているため、絵はがきを差し上げます)

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む