Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

【閉幕】歌川広重 東海道五十三次

20/3/20(金)~20/4/21(火)

MOA美術館

保永堂版 東海道五十三次之内 日本橋 朝之景 江戸時代 天保4~5年(1833~34)

江戸時代、徳川幕府によって整備が進められた街道のうち、江戸と京都を結ぶ東海道は、参勤交代の大名行列や寺社巡礼の旅人などが往来し賑わった。特に江戸時代後期、旅が庶民にとって身近になり、『東海道名所図会』などの地誌や紀行文の盛行、滑稽本『東海道中膝栗毛』の大ヒットなどを背景に旅への関心が高まった。
天保4年(1833)、版元保永堂から刊行された歌川広重(1797〜1858)の「東海道五十三次」は大人気を博し、広重を浮世絵風景画家の第一人者に押し上げた。本シリーズは日本橋から京師(京都)にいたる東海道を宿場ごとに描いたもので、街道風景や旅人の様子を細かく描写するとともに、四季の変化や晴、雨、雪、霧、風などの気象の変化、時刻の変化等を巧みに画面に取り入れ、臨場感をもって深い旅情を表し、江戸庶民の旅への憧れをかきたてた。
本展では、広重の抒情的な風景版画の魅力を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜16:30、木曜日休館(祝休日の場合は開館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1600円(1300円)、高大生1000円(700円)、シニア割引1400円、障害者割引800円、中学生以下無料

※( )内は10名以上の団体料金
※各種割引の併用はできません。
※高大生の方は入館の際、身分を証明できるものをご提示ください。
※シニア割引の適用は65歳以上となります。(証明できるものをご提示ください)
※障害者割引の適用は障害のある方とその付添者1名となります。(証明できるものをご提示ください)

出品作家

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む