Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

art trip vol.03 in number, new world / 四海の数

19/12/7(土)~20/2/9(日)

芦屋市立美術博物館

かつて、多くの哲学者は「数とは何か」と議論を交わした。時間や距離、人口、気温、貨幣、年齢、身長、体重、心拍数など、世界を構成する事象は数字で表されており、私たちは数に囲まれて生きている。
具体美術協会で活動後、70年代より写真や映像といったメディアを素材として「時間」について思考させる作品も生み出している今井祝雄、空間の特性を読み、音や光、影といった非物質的な現象を用いたインスタレーション作品を展開する久門剛史、映像の特性にもとづき空間演出とパフォーマーとの共同作業により制作を行なう津田道子、その土地の史実や文化の在りようを集め、自身の手により思索した造形物を通して、目に見えないつながりを解きほぐし顕在化する中村裕太。
豊かに生きるために確かめながら暮らす日々の中、数は物事を考える上で中心的な役割をはたしている。しかし、相互認識のために共通言語として使用される数字は、価値基準が一致しなければ言語として成立しづらい繊細な性質も持っている。一方、数字に主導権を握られ、したたかな性格を持つものとして接する機会も少なくない。常に寄り添う数字とどのように生きていくのか。
本展では、今井祝雄、久門剛史、津田道子、中村裕太の作品とともに芦屋市立美術博物館の所蔵作品を通して、「数」について意識を深めていく。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日(1/13は開館、1/14は休館)、年末年始(12/28-1/4)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般700(560)円、大高生500(400)円、中学生以下無料

※同時開催「昔のくらし」展の観覧料も含む。
※( )内は20名以上の団体料金
※ 高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額になります。
※観覧無料の日:12月25日(水)、2020年1月13日(月・祝)(予定)

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む