Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

能装束と歌舞伎衣裳

19/10/7(月)~19/11/29(金)

文化学園服飾博物館

日本の伝統芸能として現在も多くの人々に愛されている「能」と「歌舞伎」、両者の魅力を衣装に焦点をあてて紹介する。能は、江戸時代に幕府の式楽とされ隆盛を極めた。その装束は、各大名が贅を尽くした豪華絢爛なものだ。同じく江戸時代に、庶民の熱狂的な支持を受けた歌舞伎の華やかで目を引く衣裳は、市井の風俗にも大きな影響を与えた。
本展では、同館所蔵の彦根藩主・井伊家旧蔵の江戸時代・明治時代を中心とした能装束と、松竹衣裳株式会社の所蔵する現代の歌舞伎衣裳を併せて展示。芸能衣装ならではの大胆で華やかな意匠に注目するとともに、能と歌舞伎の衣装の特色や共通性にも迫る。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、日曜日・祝日(ただし、11月3日、4日は開館)、10月22日、11月6日〜8日休館

※10月11日、11月15日は19:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般500円、大高生300円、小中生200円

※20名以上の団体は100円引き
※障がい者とその付添者1名は無料

お問い合わせ

アプリで読む