Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

浅見錦龍展(併催:千葉県書道協会役員展)

19/9/7(土)~19/10/20(日)

公益財団法人 成田山書道美術館

大正11年、群馬県前橋市に生まれた浅見錦龍(本名:政美)は、浅見喜舟を父に持ち、その後移り住んだ千葉の温暖な風土に育まれ、中学3年で書を志した。
豊島師範に進学後、丹羽海鶴の流れを組む田中海庵に書を学び、父喜舟の薫陶を受けた錦龍は、競書誌を通じて全国の同志と切磋琢磨した。第二次大戦後、手島右卿に師事した錦龍は、日展や毎日書道展、読売書法展で活躍し、昭和43年に日展菊華賞を受賞、太玄会会長を務め、書星会を率いた。行草や篆隷、少字数をよくし、また大作から小品まで幅広く手掛ける漢字作家として活躍した。零戦の特攻隊員として待機、戦後一時期結核を病むなど生死を彷徨った経験から直情的で生命力のある書を多く遺した。
父喜舟は、多様な思考を持つ書人が集う会を目指して千葉県書道協会を昭和22年に設立、長年会長として地域の書の振興を支えた。錦龍もまたその遺志を継ぎ会長として中央書壇での経験を地元千葉に伝えた。書道協会は現在も千葉県の優秀な書家を擁する団体として活発に活動を続けている。浅見錦龍展にあわせて千葉県書道協会役員展を開催し、中央書壇の枠組みを超えた、千葉の書の魅力を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜16:00、月曜日休館(祝日の場合は開館し、翌平日休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人500(350)円、高・大学生300(200)円、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む