Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

第318回企画◆ 銀塩写真の魅力 Ⅵ展

20/2/19(水)~20/3/14(土)

ときの忘れもの

20世紀は映像の時代だった。写真を筆頭に、映画、テレビなどの発明は人々の世界を一挙に広げ、情報が目に見える形でいきわたる時代になった。
写真についていえば、ゼラチン・シルバー・プリント(銀塩写真)の時代だった。写真家は当時最先端のゼラチン・シルバー・プリントを使い作品を生み出してきた。しかし今世紀に入るや、銀塩写真を中心とするアナログ写真は、デジタルカメラの進化により消え行く運命にあるといっても過言ではない。
銀塩写真には、デジタル写真にない個性(魅力)がある。100年以上の歴史をくぐってきた技法や素材にはそれだけの理由がある。新しい技術が現れると古い技術は淘汰されてしまうが、新しいものにはそれなりの良さがあり、古いものにも長年培われた技術の伝承的魅 力がある。
ときの忘れものではアナログ技術によって創造された作品の魅力を広く知っていただこうと「銀塩写真の魅力展」を2009年からシリーズ企画として開催してきた。第6回目となる今回は奈良原一高、福原信三、福田勝治、風間健介、菅原一剛、アジェ、マン・レイら20世紀の写真芸術を担った7名に加え、今年、没後60年となる瑛九のフォトデッサン(技法的には銀塩写真)を紹介する。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

ほか

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む