Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

コレクション展 田名網敬一の楽園 空中回廊

19/7/9(火)~19/8/25(日)

川崎市市民ミュージアム

1980年代後半から90年代にかけて田名網敬一は、60年代と70年代を通じて探求を続けたポップスタイルから脱却し、「生と死」や「夢・記憶」をテーマにした作品を数多く手掛けている。無意識に呼び起こされるイメージへ関心を強めたこの時代の作品には、戦争により飽和状態に達していた幼少期の記憶や、大病を患った時に見た幻覚から霊感を得た奇異なモチーフが極彩色で彩られている。松や鶴といった吉祥的なモチーフと、それらを取り巻く不穏な色彩と構図といった相反するものが同居し混在する田名網の作品は、戦時中に作家の脳裏に焼き付いた残酷なイメージとその異様な美しさを、膨大な記憶の集積によって再構築させる試みといえる。
本展は、市民ミュージアムが収蔵する田名網敬一作品のうち、連作のペインティング《夢・四十九夜》(1986年)や、《ハリウッド・スターダスト》(1986年)シリーズ18点を一堂に公開するほか、70年代後半から90年代にかけて制作されたポスター・版画作品と、一連の立体作品や実験映像作品(田名網敬一スタジオ蔵)を中心に約110点を展示し、現在の創作活動に至るまで常に作家に鮮烈な印象を与え続ける田名網の「記憶」を辿る。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日休館(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで
※夏休み期間の土曜日(7月20日・27日・8月3日・10日・17日)は19:00まで

料金

無料

出品作家

アプリで読む