Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アンティーク着物万華鏡 ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー

19/7/5(金)~19/9/29(日)

弥生美術館

「着物にチャレンジしたいけれど、ルールが難しそう」と敬遠している人も多いのでは?
しかし、本来着物とは、それほど厳密なルールに縛られるべきではなく、もっと自由に楽しんでいいもの。それを証明してくれるのが、戦前の抒情画だ。それらを見ると、着物の着方は決して一様ではなく、着る人の好みや個性を反映し、千差万別だったことがわかる。
もうひとつ現代人を悩ませるのが、コーディネート。本展ではスタリストの岩田ちえ子が、抒情画をアンティーク着物によって再現し、さらに同じ着物に違う帯や小物を合わせ、一枚の着物がとり合わせ方によって、異なる雰囲気に変貌する醍醐味を紹介。
角度によって様相を変える万華鏡のように、着物も着付けやコーディネートによって変化する様を展示する。
※竹久夢二美術館との合同企画展
【同時開催】
「長襦袢の魅力 ~着物の下の遊び心~」を弥生美術館3階で開催

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(ただし、7/15、8/12、9/16、9/23(月)は開館、7/16、9/17、9/24(火)休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般900円、大・高生800円、中・小生400円

※竹久夢二美術館もご覧いただけます
※ 団体20名様以上、100円割引になります

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む