Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅

18/9/15(土)~18/11/18(日)

町田市立国際版画美術館

ドイツ出身のシュマイサーは、日本に学び、オーストラリアを拠点に活躍した版画家。大学版画展で2度セミナーを担当、また100点近い作品を収蔵するなど、同館ともゆかりの深いアーティスト。世界各地を精力的に訪ね、旅での経験を美しい多色刷り銅版画に描き出した。訪ねた土地の文化をありのままに受けいれ、自分なりに表現しようと努めたその姿勢は、国際理解が重要性を増す現代社会に示唆を与えるものと言えるだろう。2012年の没後初めての本格的な回顧展である。
京都や奈良、アンコール・ワット、オーストラリアやヨーロッパ各地、ついには南極まで、シュマイサーの旅を追体験し、展示室にいながら世界中を巡る旅を楽しめる展示を目指す。展覧会の準備段階では、美術館連絡協議会の海外研修派遣制度を利用し、2015年にオーストラリアで作品調査を行った。これらの作品借用の費用については、豪日交流基金からの助成金が決定しており、オーストラリア大使館が開催する Australia now 2018 参加プログラムともなっている。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜休館(ただし9月17日(月)、24日(月)、10月8日は開館し、9月18日(火)、25日(火)、10月9日(火)休館)

※土日祝は17:30まで(入館は閉館の30分前まで)

料金

一般800円、大・高生、65歳以上400円

※9月15日(展覧会初日)と11月3日(文化の日)は入場無料です。
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は半額です。

出品作家

ヨルク・シュマイサー

アプリで読む