Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

オープニング・コンサート~N響メンバーによる室内楽/東京・春・音楽祭2019

19/3/15(金)

東京文化会館小ホール

『東京・春・音楽祭2019』15周年のオープニングは、第1コンサートマスターの篠崎史紀はじめN響精鋭メンバーが奏でるウィーンの調べから。シェーンベルクやウェーベルンらが編曲を手掛けたシュトラウスのワルツを。

クライスラー:愛の喜び、愛の悲しみ、美しきロスマリン op.55-4、ウィーン奇想曲 op.2/ドヴォルザーク:バガテル op.47/J.シュトラウス2世(ベルク編):ワルツ《酒、女、歌》/J.シュトラウス2世(ウェーベルン編):ワルツ《わたしの恋人》/J.シュトラウス2世(シェーンベルク編):ワルツ《南国のばら》

公演情報

ジャンル
フェスティバル 室内楽

料金

S席:5,200円
A席:4,100円
U-25:1,500円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

ヴァイオリン
篠崎史紀
白井篤
コントラバス
本間達朗
ピアノ
入江一雄

ヴィオラ:中村翔太郎/チェロ:桑田 歩/ハーモニウム:山口綾規

アプリで読む