Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

URARA『雪女』/ 昭和精吾事務所『水鏡譚』/ 劇団風蝕異人街『コンテンポラリー演劇 メディアマシーン』第13回岸田理生アバンギャルドフェスティバル・リオフェス2019

19/6/24(月)~19/6/30(日)

こまばアゴラ劇場

岸田理生の原作や脚本作品が多くお目見えするフェスティバル。新たな才能と出会うことで、岸田理生の世界観が引き継がれ、変化して、生き続ける。こまばアゴラ劇場では札幌を拠点に東京、海外にも活動の幅を広げる劇団風蝕異人街による、ギリシャ悲劇『王女メディア』をテーマにした岸田理生の作品を “身体詩劇” として表現する『コンテンポラリー演劇 メディアマシーン』をはじめ、URARA『雪女』、昭和精吾事務所『水鏡譚』の3作を6月最終週に上演する。

公演内容

6/24(月) URARA『雪女』
6/25(火)~6/27(木) 昭和精吾事務所『水鏡譚』
6/28(金)~6/30(日) 劇団風蝕異人街『コンテンポラリー演劇 メディアマシーン』

6/25(火)19:30『水鏡譚』公開ゲネ終了後オープニングパーティーあり(参加費500円)

上演情報

ジャンル
小劇場

URARA『雪女』:英語字幕付

料金

『雪女』
一般-3,000円

『水鏡譚』
一般-3,500円
学生-2,500円

『コンテンポラリー演劇 メディアマシーン』
一般-3,000円
学生・こども-2,000円

『雪女』全席自由・整理番号付、未就学児の入場不可
『水鏡譚』全席自由、学生は要証明書提示、当日+500円
『コンテンポラリー演劇 メディアマシーン』一般当日+500円、未就学児童の入場不可

チケット発売情報

URARA『雪女』チケットのみ6/4(月)より発売 ※チケットぴあ取り扱いなし

キャスト&スタッフ

作・上演台本
岸田理生
寺山修司

『雪女』
[作]岸田理生 [構成・演出]大沢由加子

『水鏡譚』
[作]寺山修司 / 岸田理生 [構成・演出]こもだまり [音楽統括]西邑卓哲

『コンテンポラリー演劇 メディアマシーン』
[原案]ハイナー・ミュラー『メディアマテリアル』 [上演台本]岸田理生 [構成・演出]こしばきこう

アプリで読む