Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

© Sawako Goda

合田佐和子 個展

19/4/20(土)~19/5/25(土)

ANOMALY

1940年高知県生まれの合田佐和子は、戦後の焼け跡で、空襲で焼かれ溶けて用途も意味も失った金属破片や時計などのガラクタ、また石や貝殻や骨など驚異的なフォルムを持つ自然物を拾い集めるなど、幼少の頃から造形美に大きな興味を持ち始める。1959年に武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)に入学、1963年に同校を卒業した後、唐十郎主宰の劇団「状況劇場」、寺山修司主宰の「天井桟敷」の舞台美術や宣伝などに参加する。
1965年より個展を開催し始め、当初は立体作品を発表。のちに1971年頃から絵画を制作するようになり、1981年よりポラロイド写真展を開催するなどその活動は多彩で、1982年には第一回現代芸術祭「瀧口修造と戦後美術」に取り上げられ、1991年には渋谷パルコで個展を開催するなど、多様な活動を深めていく。2001年には高知県立美術館で「森村泰昌と合田佐和子展」など、シネフィリならば必見と思われる文脈で展覧会を開催、そして2003年には松濤美術館で個展が行われるなど、2016年に鬼籍に入るまで、精力的に活動を続けたアーティストである。唐十郎、寺山修司や瀧口修造、巖谷國士だけでなく、三木富雄、久里洋二、蜷川幸雄など時代を象徴するような人物との交流を持ち、時代のミューズ的な存在であっただろうと想像できる。
様々なメディアで作品を制作した合田佐和子だが、今回の個展では、彼女の金字塔とも言える70年代から2000年代に描かれた、銀幕スターや「眼」の油彩画とドローイングなどを紹介する予定。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~18:00(金曜は20:00まで)、日・月・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む