Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

海炭市叙景

10/12/18(土)

ユーロスペース

誰も撮ったことのない函館がそこに……

'90年に自ら命を絶った不遇の小説家・佐藤泰志。彼が、亡くなる直前の2年余りをかけて、故郷・函館をモデルに執筆した18の連作短編小説『海炭市叙景』の中から5つの短編を選んで映画化。佐藤の高校時代の同期生や小説のファンたちが、函館で映画製作実行委員会を結成。帯広出身の熊切和嘉監督がメガホンを執り、今の函館を刻み込んでいる。

その冬、海炭市では、造船所を解雇されたふたりの兄妹が、なけなしの小銭を握りしめ、初日の出を見るために山に登った。妻の裏切りに傷つく男、帰郷しても父と会わない息子。姿を消す老婆の猫。そんな人々の間を路面電車は走り、その上を雪が降り積もっていく。

アプリで読む