Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

やなぎみわ展 神話機械

19/4/19(金)~19/6/23(日)

アーツ前橋

1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないシーンを投じてきた美術家・やなぎみわ(1967~)。〈エレベーター・ガール〉で最初に注目を浴び、〈マイ・グランドマザーズ〉や〈フェアリー・テール〉といった一連の写真作品で世界的に評価を受け、2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表となり好評を博した。
一方で、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始める。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作(「Tokyo-Berlin」、「海戦」、「人間機械」)で話題を集め、特に2014年台湾で製造したステージ・トレーラーを母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇「日輪の翼」(原作:中上健次)は大きな感動を与えた。
その舞台作品と並行して、日本神話をモチーフに桃を撮影した新作シリーズを制作しており、今回一挙公開する。また10年ぶりの大規模な個展となる本展に向け、群馬工業高等専門学校をはじめ、京都、高松、福島の学生らと連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、マシンによる神話世界も展覧会場に生み出される。
美術と舞台の両極を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくもの。待望された本展では、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫る。
野外劇「日輪の翼」が各地を巡回したように、本展覧会は、異化空間を漂流し、つなぎあい、また見送る者としてのやなぎが、作品と共に全国5会場を巡る。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、水曜日休館(ただし5月1日は開館、5月7日は休館)

※5月17日(金)、18日(土)はパフォーマンス開催のため17:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円、学生・65歳以上・団体(10名以上)400円、高校生以下無料

※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は観覧無料
※5月12日は「母の日」のため観覧無料
※『MM』セット割:パフォーマンスチケットと同時購入された方は観覧料400円

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む