Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ゆかた 浴衣 YUKATA―夏を涼しむ色とデザイン―」

19/7/20(土)~19/9/8(日)

川越市立美術館

和服離れが進む現代においても、若い年齢層も含めてファンを増やしているのが夏の涼衣、ゆかた。そもそも「湯」(入浴)に用いる「帷子」(裏無しの着物)を指す「ゆかたびら」が語源の「ゆかた」は、江戸時代には入浴後のくつろぎ着として着られるようになり、やがて夏の気軽な外出着として定着した。現代では、長板中形の型染めや有松絞りなど伝統技法を生かしたものから、おはしょりなしのデザイナーものまで、ゆかたは伝統の枠を超え生活の中で進化を続けている。
本展では、江戸から昭和に至るゆかたや型紙に加えて、当時の風俗を描く浮世絵などを紹介し、素朴でありながら繊細さを兼ね備えたその魅力を、デザイン性と遊びの要素から紐解く。くつろぎの中に見出される洗練された意匠美を堪能してほしい。
前期:2019年7月20日(土)から8月12日(月・祝)
後期:2019年8月14日(水)から9月8日(日)

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日休館(8月12日は開館)、8月13日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円(480円)、大学生・高校生300円(240円)、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をご持参の方、及びその介護者1名は無料
※会期中、浴衣または着物で来館された方は団体料金

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む