Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ウィーンから日本へ 西洋音楽の開花 《日墺修好150周年記念コンサート》

19/11/2(土)

宗次ホール

明治期の日本で西洋音楽がどのように受容されていったのか・・・。その陰には音楽の都ウィーンとのつながりがありました。このコンサートでは日本人の音楽留学の先陣を切った瀧廉太郎、山田耕筰、そして幸田延の作品と、昭和初期に来日し、宝塚歌劇団のオーケストラを指揮したヨーゼフ・ラスカが日本の短歌に寄せて書いた貴重な作品など、日本と西洋をつなぐ様々な曲目を、ウィーンゆかりの3名の演奏家たちが紹介します。

幸田延:ヴァイオリンソナタ 第1番/瀧廉太郎:花、納涼、荒城の月/山田耕筰:からたちの花、南天の花、鐘が鳴ります/ラスカ:万葉歌曲集、7つの短歌/マンディチェフスキ:昇りゆく満月/クライスラー:ヴァイオリン小品集  ほか

公演情報

ジャンル
声楽

未就学児童は入場不可。

料金

自由-4,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

メゾソプラノ:日野妙果/ヴァイオリン:前田朋子/ピアノ:ヨハネス・ヴィルヘルム

アプリで読む