Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「新収蔵品:サラ・モリス《サクラ》展」 大阪中之島美術館 開館プレイベント2019

19/9/21(土)~19/10/6(日)

京阪電車 なにわ橋駅 アートエリアB1

2021年度に開館を予定している大阪中之島美術館は、ニューヨーク在住の現代美術作家、サラ・モリスの作品を2018年度に収蔵した。そのうちの1点《サクラ》は、大阪の春の姿と都市の暮らしの中に見えるさまざまな色合いと風土を撮影した、50分を超す映像作品である。大阪中之島美術館はその開館に先駆けて、今の大阪の姿を鮮やかにとらえた本作を、特別に公開する。
《サクラ》は、モリスが自身の代表的な作品である抽象絵画と平行して制作に取り組む、都市がもつカラーをテーマにした映像作品シリーズのひとつ。これまでにも北京、アブダビ、パリ、ロサンゼルス、リオデジャネイロ、シカゴなどの都市で撮影されてきた。モリスが現地で綿密なリサーチを行うことで選び出した、それぞれの街を象徴する鮮やかなカラーで映像全体が構成されている。《サクラ》はそのシリーズの最新作にあたり、大阪の高層ビルが立ち並ぶ都市風景や、街かどの様子、そこで出会った人々の姿といった日常の中にちらばる色が次々と映し出される。《サクラ》というタイトルは、撮影時期が春であっただけでなく、桜が日本を代表する植物のひとつであること、またモリスが幼少のころ親しんだクレパスの名前にサクラが使われていることなどに由来している。
映像として、大阪という街の日常的な姿を映しながら、その断片的な場面をつなぎ合わせることにより、人や景色、場所の持つ色や形が強調され、抽象的な美しさを描き出す作品となっている。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~19:00、9月24日(火)、9月30日(月)休館

※最終日は15:00まで

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む