Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

戦後独立プロ映画のあゆみ 力強く

18/7/1(日)~18/9/8(土)

ラピュタ阿佐ヶ谷

戦後の映画黄金時代のなかで、大手映画会社から離れた独自の立場で映画を創り続けた、いわゆる「独立プロ」の作品を集めた特集上映。その代表的な映画監督である山本薩夫、今井正、新藤兼人、吉村公三郎などの社会派作品39本を連続上映する。

上映作品リスト

『蜂の巣の子供たち』1948年(昭和23年) 蜂の巣映画部
『ペン偽らず 暴力の街』1950年(昭和25年) 日本映画演劇労働組合
『どっこい生きてる』1951年(昭和26年) 前進座=新星映画社
『夜明け前』1953年(昭和28年) 近代映画協会=劇団民藝
『村八分』1953年(昭和28年) 近代映画協会=現代ぷろだくしょん
『勳章』1954年(昭和29年) 俳優座
『縮図』1953年(昭和28年) 近代映画協会
『末っ子大将』1960年(昭和35年) 新日本プロダクション
『蟹工船』1953年(昭和28年) 現代ぷろだくしょん
『足摺岬』1954年(昭和29年) 近代映画協会
『北白川こども風土記』1960年(昭和35年) 共同映画社=松本プロダクション=歯車グループ
『どぶ』1954年(昭和29年) 近代映画協会
『若い人たち』1954年(昭和29年) 近代映画協会=全国銀行従業員組合連合会
『ひろしま』1953年(昭和28年) 日本教職員組合映画製作委員会
『乳房を抱く娘たち』1962年(昭和37年) 全国農村映画協会
『真昼の暗黒』1956年(昭和31年) 現代ぷろだくしょん
『長崎の子』1956年(昭和31年) 共同映画社=新東映画社=新文化映画社
『石合戦』1955年(昭和30年) 劇団民藝=富士映画
『愛すればこそ』1955年(昭和30年) 独立映画
『ここに泉あり』1955年(昭和30年) 中央映画
『千羽鶴』1958年(昭和33年) 共同映画社=広島平和を築く児童生徒の会
『あやに愛しき』1956年(昭和31年) 劇団民藝
『浮草日記』1955年(昭和30年) 俳優座=山本プロダクション
『キクとイサム』1959年(昭和34年) 大東映画
『人間みな兄弟』1960年(昭和35年) 日本ドキュメントフィルム=芸術映画社=松本プロダクション
『台風騒動記』1956年(昭和31年) まどかグループ=山本プロダクション
『第五福竜丸』1959年(昭和34年) 近代映画協会=新世紀映画
『こころの山脈』1966年(昭和41年) 福島県本宮町本宮方式映画製作の会=近代映画協会
『みんなわが子』1963年(昭和38年) 全国農村映画協会
『人間』1962年(昭和37年) 近代映画協会
『ヒロシマ1966』1966年(昭和41年) 広島県原爆被爆者映画製作の会=新制作集団
『若者たち』1967年(昭和42年) 俳優座=新星映画社
『ドレイ工場』1968年(昭和43年) 「ドレイ工場」製作・上映委員会
『若者はゆく −続若者たち−』1969年(昭和44年) 俳優座映画放送
『日本春歌考』1967年(昭和42年) 創造社
『劇映画 沖縄』第一部/第二部 1970年(昭和45年) 「沖縄」製作上映委員会
『キューバの恋人』1969年(昭和44年) 黒木プロダクション=キューバ国立映画芸術協会
『若者の旗』1970年(昭和45年) 俳優座映画放送
『心に花の咲く日まで』1955年(昭和30年) 文学座

開催情報

ジャンル
人間ドラマ

お問い合わせ

アプリで読む