Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ルワンダの涙

07/1/27(土)

TOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて公開

世界が放置したルワンダ虐殺事件の真実

1994年、アフリカのルワンダで起こった民族浄化。西欧諸国や国連すら黙殺したその大虐殺を、現地に赴任した英国人神父と英語教師の視点で描いた衝撃作。当時、取材にあたっていたイギリス国営放送・BBCの報道記者デヴィッド・ボルトンの体験を基にした“外国人からみたルワンダ虐殺事件“は、人類史上に残る悲劇の新たな一面を浮き彫りにする。

ルワンダの公立技術学校を運営する英国カトリック協会のクリストファー神父と、そこへ赴任してきた青年協力隊の英語教師ジョー。民族間の虐殺に直面したふたりは、難民を受け入れながらも、やがて大きな決断を迫られる。

アプリで読む