Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「ドラえもん」広瀬アリスの“エモ”話にスネ夫悔しがる「僕がそばにいるのに!」

ナタリー

19/3/17(日) 14:22

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日3月17日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、ゲスト声優の広瀬アリス、高橋茂雄(サバンナ)、ドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫が登壇した。

昨日3月16日までに観客動員数150万人を突破した本作。先頃公開された“ムーンビジュアル”がSNSで「エモい」と評判だという話題で、高橋が「みんなの感情が1枚に全部描かれている。スネ夫のこの背中(がいい)ね!」と口にすると、スネ夫は観客に背を向け後ろ姿をアピールして笑いを誘う。そして劇中でドラえもんらが月へ行くため待ち合わせをする際に、自身が少し遅れたことについて、スネ夫は「本当は怖くなかったんだけど、遅れていったほうがおいしいかなって」と口にしてほかのキャラクターから総ツッコミを受けた。

続いて、MCからゲスト声優へ「劇中のエモいシーンは?」と質問が飛ぶ。広瀬が「ルカが自分を犠牲にしてみんなを逃すシーン。台本を読んでまず泣きましたし、完成した映像を観てまた泣きました」としみじみと答えると、スネ夫が「そばにいたらその涙を拭いてあげたのに」とぽつり。高橋は「月に行って、アルとジャイアンが歌うところ」と話し、その言葉にジャイアンは「あの場面はよかったよなあ。アルとは相性がすごくいいから、これからいろんなところで一緒に歌いたい!」と意気込んでドラえもんから「やめてやめて!」と止められていた。

また「最近エモいと感じたことは?」という質問に、広瀬が「(主題歌を担当した)平井大さんにお会いできたことがエモい」と先日の舞台挨拶を振り返り、スネ夫は「僕がそばにいるのに、忖度がまったくないね!」と悔しそうにつぶやく。高橋が「銭湯で会った男の子たちに旅の軍資金として2000円ずつあげたら、SNSで『高橋さんからいただいたお金は一生神棚に飾ります』とメッセージが来て」とコメントした際には、のび太としずかが「素敵な話ー!」と声をそろえ、さらに風呂好きで知られるしずかは「お風呂で出会うっていうのがいいよね」と声を弾ませて子供たちを笑わせた。

最後にドラえもんが「笑いすぎてお腹が減っちゃったから、どら焼きをすぐにいっぱい食べなきゃ。これからもどうぞよろしくお願いします!」と挨拶をして、イベントの幕を引いた。

レギュラーキャストとして水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一も参加する「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は、全国の劇場で上映中。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

アプリで読む