Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46の“国境の壁”は限りなく低いーー坂道AKB楽曲が示すこと

リアルサウンド

18/8/5(日) 7:00

 AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46からなる坂道シリーズのメンバーが集結したグループ・坂道AKBが、再び注目を集めている。

参考:坂道AKB「国境のない時代」から読む、AKBグループ、乃木坂、欅坂の現在地

 そのきっかけとなったのが、7月7日放送の音楽特番『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』(日本テレビ系)への出演だった。坂道AKBの持ち曲には、2017年3月に発表した「誰のことを一番 愛してる?」、今年3月発表の「国境のない時代」の2曲がある。この日は、「国境のない時代」をテレビで初披露した。乃木坂46からは、明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場での同時開始となった『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』終演後に駆けつける形で、齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希の3名が参加した。

 そして、先日8月1日には『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に坂道AKBとして、AKB48から向井地美音、乃木坂46から山下美月、欅坂46からは長濱ねるが出演。“文化交流”をテーマに、放送内では「国境のない時代」のMV撮影を振り返った。撮影当日は、緊張からなかなか話せなかったということから、3人はおんちゃん(向井地)、ずっきー(山下)、ねるねちゃん(長濱)とあだ名で呼び合い、番組終了時にはLINE交換をしてグループ「炙りエンガワ会」を結成することを約束したという。番組内では、山下が向井地とは6年前から仲が良く、「みお姉」と呼ぶ間柄だったこと、大島優子推しでAKB48劇場にチームK『逆上がり』公演を観に行っていたことを明かし、向井地も過去に乃木坂46の神宮でのライブに足を運んだことを振り返った。また、放送終了後の後ろ番組は『乃木坂46・新内眞衣のオールナイトニッポン0(ZERO)』ということで、番組冒頭に3人が登場。長濱は過去にペンネーム「羊と鋼」で、いちリスナーとして新内のラジオにメッセージを寄せていたことがあり、新内にとっても、長濱にとっても念願の共演となったようだ。

 AKB48グループと坂道シリーズは、同じ秋元康プロデュースであり、近しい立ち位置にはいても、乃木坂46が「AKB48公式ライバル」と謳いスタートしたこともあってか、混じり合う度にファンからの反発も大きかった。しかし、グループ間では仲の良いメンバーも多く、『AKB48 SHOW!』(BSプレミアム)でオンエアされた「国境のない時代」MVメイキング映像では、松井珠理奈(SKE48)と堀が一緒にハンバーガーを食べに行ったというエピソードを明かしいるほか、堀は坂道AKB以外でも荻野由佳(NGT48)のTwitterに度々登場している。『AKB48 SHOW!』の恒例となっているメンバー潜入レポートでは、坂道シリーズの公演にAKB48グループのメンバーが潜入することも多く、グループの垣根を越えた共演がそこまで珍しくなくなってきている。

 また、「誰のことを一番 愛してる?」は、欅坂46のでお馴染みのTAKAHIROがダンスの振付を担当した楽曲。平手友梨奈をセンターに据えた高難易度のダンスパフォーマンスは、昨年の野外ライブ『欅共和国 2017』で欅坂46単独でサプライズ披露された。その後も、NMB48の太田夢莉、NGT48の高倉萌香がソロステージで選曲しており、現在STU48が各AKB48グループの劇場を中心に開催している出張公演でも、ダンスチューンの中の1曲として披露している。

 さらに言えば、そのSTU48の出張公演では乃木坂46「夏のFree&Easy」を披露しており、AKB48劇場での外山大輔『ミネルヴァよ、風を起こせ』公演には、乃木坂46「オフショアガール」、乃木坂AKB「混ざり合うもの」がレギュラーのセットリストに組み込まれている。楽曲タイトルにもある「国境のない時代」とは、AKB48グループと坂道シリーズのことを指しているようにも取れるが、互いの国境の壁は限りなく低いものとなっているように感じる。

 『THE MUSIC DAY』での「国境のない時代」披露は、1番のみのパフォーマンスとなったが、ラジオ内で山下は2番のAメロでそれぞれのグループの色が振り付けに反映されていることを、ポイントに挙げていた。坂道AKBとしてのライブでの披露は、「誰のことを一番 愛してる?」「国境のない時代」の2曲ともにまだ一度もない。今回の『THE MUSIC DAY』同様に、難しいスケジュール調整が必要となるが、「国境のない時代」のフルパフォーマンスをいつか見てみたいものだ。(渡辺彰浩)

アプリで読む