Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“変わり種”の企画メドレー、デビュー曲メドレー…『THE MUSIC DAY』ジャニーズ勢の見どころ

リアルサウンド

19/7/4(木) 6:00

 夏の音楽の祭典『THE MUSIC DAY 2019 ~時代~』(日本テレビ系)が7月6日に放送される。今年も、総合司会を務めるのは嵐の櫻井翔。9時間半の生放送でアーティストを迎える。

(関連:日テレ音楽特番『THE MUSIC DAY』総合演出が語る、アーティストの魅力伝える映像へのこだわり

 出演アーティストが続々と発表されていく中で、ジャニーズのグループも嵐を筆頭に、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、ジャニーズWEST、King & Prince、初登場となるHiHi Jets、美 少年の出演が決定した。グループでのパフォーマンスも楽しみだが、特に注目したいのはグループを横断的につないだメドレー企画。現在、発表されているメドレーと、昨年の様子を振り返ってみたい。

■変わり種メドレー
 まずは今年予定されている企画メドレーから。昨年の香港中継とは打って変わってヘルシーな企画に出演するのはHey! Say! JUMP。「肩関節メドレー」として「Come On A My House」を歌うという。番組公式サイトには「肩関節を回してストレッチ!」とある。たしかに肩まわりの関節がほぐれそうなダンスではあるが、それを意識した振り付けになるのだろうか。

 一方、「ツッパリメドレー」にはKAT-TUNが出演。近藤真彦のヒットソング「ハイティーン・ブギ」を歌う。KAT-TUNは当初、香港からの中継を予定していたが、3日、番組公式から現地の状況を考慮した上で中止の旨が発表された。香港の街並みをバックにしKAT-TUNのパフォーマンスが楽しみではあったが、またいつかリベンジして欲しい!

 NEWS・手越祐也が出演するのは「ハイトーンメドレー」。X JAPANの「紅」を歌う。NEWSでも高音域を担当、そしてジャニーズでもトップクラスの安定した美声の持ち主。ファン以外からすれば、バラエティ番組でのいじられキャラとしてお馴染みだが、歌う手越がお披露目になることで、違った印象を受けるに違いない。

 この他にも、Kis-My-Ft2がスペシャルメドレー、『5×20 All the BEST!! 1999-2019』がミリオンヒットとなった嵐も20周年SPメドレーを披露する。どちらも必見のステージだ。

■『THE MUSIC DAY』名物ジャニーズシャッフルメドレー
 今年も『THE MUSIC DAY』ではジャニーズシャッフルメドレーが予定され、全8組がグループの垣根を超えてデビュー曲メドレーを披露するという。なんといってもシャッフルメドレーの見どころは、メンバーによる遊び心溢れるパフォーマンスだ。

 2018年放送の「平成30年分のジャニーズ名曲メドレー」で、中でもSNSをザワつかせたのがメドレー1曲目だ。V6・岡田准一、KAT-TUN・亀梨和也、NEWS・加藤シゲアキ、関ジャニ∞・安田章大、ジャニーズWEST・桐山照史の5名が、男闘呼組の「TIME ZONE」を披露したときのこと。

 歌いだしはカッコよく始まったものの、曲が進むうちに、亀梨がステージ上に仰向けに寝そべり、岡田が亀梨の胸元をガバっと開き、白いタンクトップを着用していたものの、覆いきれない鎖骨、首筋、右腕が露わに……。この後、ステージ上にいる他のメンバーも思わず笑ってしまったという表情を浮かべるなど、とにかく演者が楽しそうなのである。

 ほかにも、櫻井翔とSexy Zoneの中島健人が手を取り合ったり、グループとしてはあまり歌わない方向性の楽曲を自分らしい歌い方で歌うメンバーに惚れたり……。

 今年は「ジャニーズシャッフルデビュー曲メドレー」として嵐「A・RA・SHI」、近藤真彦「スニーカーぶる~す」、少年隊「仮面舞踏会」をオールラインナップで披露するほか、嵐・二宮和也、関ジャニ∞・錦戸亮、KAT-TUN・亀梨和也、Hey! Say! JUMP・薮宏太、Kis-My-Ft2・千賀健永によるSMAP「CAN’T STOP!! -LOVING-」、嵐・松本潤とKing & Prince・岸優太によるKinKi Kids「硝子の少年」など、豪華な曲目と組み合わせに。どのグループの楽曲で、誰のパートを歌い、視線はどうだったか、誰とどんなやりとりをしていたかなど、細かな見どころが山ほどあるので、録画も併せてスタンバイしたい。

 ひと時も目が離せないジャニーズシャッフルメドレー。今年もどんなパフォーマンスが見られるのか期待しながら楽しみに待ちたい。(柚月裕実)

アプリで読む