Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

葵トリオ ©Daniel Delang

葵トリオ凱旋リサイタル開催!

ぴあ

18/12/8(土) 0:00

9月に行われたミュンヘン国際音楽コンクールのピアノ三重奏部門で見事優勝に輝いた「葵トリオ」の凱旋リサイタルが、サントリーホールで開催される。ミュンヘン国際音楽コンクールといえば、滅多に優勝者を出さないことで知られる最難関のコンクールの1つ。このコンクールでの優勝は、ピアノ三重奏部門として日本人団体初。室内楽の分野では、かの「東京クヮルテット」以来48年ぶりの快挙なのだから素晴らしい。しかもなんと第2位はなしで、第3位が2団体という結果なのだから、まさにぶっちぎりの優勝だ。

「サントリーホール室内楽アカデミー」で学んだ小川響子(ヴァイオリン)・伊東裕(チェロ)・秋元孝介(ピアノ) による「葵トリオ」の3人は、サントリーホール室内楽アカデミーの第3期生として14年9月~16年6月に在籍(小川は16年9月~18年6月の第4期にも参加)。東京藝術大学や同アカデミーでの出会いを経て2016年に「葵トリオ」を結成。「葵/AOI」の名は、3人の名字の頭文字を取り、花言葉の「大望、豊かな実り」に共感して名付けたというのだから、まさに望みがかなったとも言えそうだ。

コンクールに於いて「ソリストの集まりというよりも、とても室内楽的で優れていた」と評された3人が紡ぎ上げる音楽を、サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)の親密な空間で体験したい。

演奏曲目は、ファイナルで演奏したシューベルトのピアノ三重奏曲第2番をはじめ、コンクールや録音審査で取り組んだハイドンのピアノ三重奏曲第27番に、ブラームスのピアノ三重奏曲第1番(改訂版)。
詳細はこちらから
https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20181214_S_3.html

©Daniel Delang
アプリで読む