Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『なつぞら』なつを取り巻く男子の中では異色の存在!? 岡田将生の憎めない空回りっぷり

リアルサウンド

19/6/6(木) 6:00

 大胆な人物像の立ち上げによって、朝ドラ『なつぞら』(NHK総合)にダイナミックさを与えている岡田将生。彼が演じているのは、ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)の実兄である咲太郎だ。たびたび繰り返す早とちりで見事な空回りっぷりを披露しているが、なんとも憎めない存在である。

 咲太郎の初登場時には、非常に面食らってしまったものだった。視聴者の方にも、似たような思いを持たれた方が多いのではないだろうか。それはなにも、生き別れた兄妹がドラマチックな再会を果たしたことに対してだけではない。咲太郎に扮する岡田の演技が、あまりにも、あまりにも豪快だったからである。

【写真】牢獄に閉じ込められていた咲太郎(岡田将生)

 筆者は以前書いたのだが、なつは何人もの“好男子”に囲まれている(「『なつぞら』広瀬すずの相手役は誰だ!?」)。彼女の十勝の幼馴染みである、吉沢亮演じる天陽に、山田裕貴扮する雪次郎。清原翔が演じる十勝にいるもう一人の兄・照男に、そして、工藤阿須加演じる東京の幼馴染み・信哉などだ。そのいずれもが、穏やかになつを引き立てるような役どころであり、演じる彼らは、朝ドラヒロインという大役を務める広瀬を、懸命に支えているようにも思える。

 ところが、くだんの咲太郎の登場シーン。江戸っ子気質で荒っぽい性格の彼が、初めて視聴者の前に姿を見せた場面で、岡田の演技はやたらと芝居がかっており、ほかの“好男子”たちとは丸っきり違ったベクトルの性質を感じさせたのだ。岡田の登場は早くから大きな期待を集めていたが、だからこそ、彼が演じる咲太郎の異色さには、驚きを隠せなかったのである。これは、これまでに築き上げられてきた『なつぞら』の世界観を、ある種壊してしまいかねないものとも言えるだろう。咲太郎の言動は、なつの人生に対して、ひいては『なつぞら』に対して、その印象を左右する大きなカギを握っているのだ。これはムードメーカーという大役だとも言い換えられるはずである。

 ここで彼は、十勝に住む妹と、東京に暮らす自分とが、まったく違う生き方・生活をしてきたことを端的に示したように思える。岡田の体現する咲太郎の粗雑さと図々しさ、神経の図太さは、戦災孤児でありながら、激動の時代をなんとか生き延びてきた彼だからこそのものではないだろうか。それが回を重ねるごとに、咲太郎からはにじみ出てくるのだ。だがそれに伴ったオーバーアクトがあまりに過ぎると、作品の世界観はめちゃくちゃになってしまう。このあんばいが難しいところなのだろうが、本作が多くのファンを獲得していることを考えてみるにつけ、これはつまり岡田が自身の演じ方に自覚的である証だと受け取れるのだ。見慣れてくると、次第にそれらは愛嬌に変わり、今ではいいアジにもなっている。咲太郎のことを憎めないのは、なにも“ヒロインの実兄”だからという理由だけではないのだ。

 岡田といえば、どこか空回りしていたり、スベったり、痛々しかったり、そういったキャラクターを多く演じてきた。他者に迷惑をかけてばかりの者たちだが、見方を変えれば、そこにはそれぞれの“懸命さ”も浮かび上がってくる。『告白』(2010)などをはじめ、近年でいえば『何者』(2016)、『伊藤くん A to E』(2018)、『そらのレストラン』(2019)で、方向性こそ違うものの、それらを体現する岡田の姿が見て取れるだろう。

 なつとの生活もはじまり、色々と順調に思える咲太郎。これから兄として、そして一人の男として、精神的に成長していく彼を岡田がどのように表現していくのか注目である。

(折田侑駿)

アプリで読む