Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「アナベル 死霊博物館」USプレミアにて、左からアナベル、ヴェラ・ファーミガ。

ヴェラ・ファーミガが本日46歳に、「アナベル 死霊博物館」の魅力語るコメント到着

ナタリー

19/8/6(火) 17:00

本日8月6日に46歳の誕生日を迎えたヴェラ・ファーミガ。このたび出演作「アナベル 死霊博物館」に関するコメントが到着した。

本作は、「死霊館」に登場する呪われた人形アナベルをフィーチャーした「アナベル 死霊館の人形」「アナベル 死霊人形の誕生」の続編。過去作に引き続きパトリック・ウィルソンとファーミガがウォーレン夫妻を演じている。劇中では夫妻の家に保管されたアナベルの封印が解かれたことから、保管室のありとあらゆる展示物の呪いが呼び起こされる。

「マイレージ、マイライフ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」などで知られるファーミガ。「アナベル 死霊博物館」を含むシリーズの魅力について「エドとロレイン(ウォーレン夫妻)の純粋な愛情、2人がどれだけ結び付いているかに、そしてお互いのバランスがよく取れている点にとても惹かれるの。彼らにとって信念というものがとても強い力であるという点と相まって、2人のそういう部分が、遭遇する恐ろしい現象と強烈な対比を見せるのよ」と述べる。今回で4度目の夫婦役となるウィルソンに関しては「パトリックが毎日惜しまずに見せてくれる笑顔が大好きなの。1度どれくらいかを計ったことがあるんだけど、60秒間で少なくとも15回は笑顔を見せていたわ!」とコメント。そして「私はこのシリーズがいわゆる“ジャンル映画”だとは思ってないの。これはラブストーリーなのよ」と説明した。

ジェームズ・ワンが製作を担当し、ゲイリー・ドーベルマンがメガホンを取った「アナベル 死霊博物館」は9月20日より全国でロードショー。

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

アプリで読む