Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Saucy Dog「YAON de WAOOON in TOKYO」の様子。(撮影:白石達也)

Saucy Dog、雨の中で幸せ噛み締めた日比谷野音初ワンマン

ナタリー

19/5/3(金) 17:39

Saucy Dogが4月30日に東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ「YAON de WAOOON in TOKYO」を行った。

このライブは、4月13日に大阪・大阪城音楽堂で行われた「YAON de WAOOON in Osaka」の追加公演として実施されたもの。この2会場でサウシーがライブを行うのはバンドキャリア初となった。小雨がぱらつく中、この日のライブは石原慎也(Vo, G)の「Saucy Dog始めます! みんなで一緒に楽しもうぜよろしく!」という宣言で幕開け。3人は「真昼の月」で勢いよくライブをスタートさせると、「ナイトクロージング」では秋澤和貴(B)がファンキーなベースソロで観客を魅了し、「ジオラマ」では石原と秋澤が顔を見合わせて楽器をかき鳴らす。3人は序盤から躍動感あふれる楽曲を連ねて観客のテンションを引き上げていった。

3曲の演奏を経て、せとゆいか(Dr)は「雨降ったり曇りになったり、そんなお天気になってしまいましたけど、今日ここに立てたことが最高に幸せ。このライブが終わる頃にはみんなに『今日のサウシーの日比谷野音は、雨が降ってたからこそめっちゃよかった!』と思ってもらえるようなライブをしにきました」と意気込んだ。その後演奏されたミディアムナンバー「あとのはなし」では、雨が降りしきる中でシャボン玉が会場を舞い、幻想的な光景が演出された。秋澤の軽やかなベースに乗せて、せとが「みんなが心沈んでしまったあとにもちゃんと晴れが来るように」と前置きして、3人は「曇りのち」を披露。さわやかなサウンドで会場にリラックスムードを漂わせた。石原いわく「こんな雨の日に来てくれたみんなへのプレゼント」だという新曲(タイトル未定)が贈られると、観客は石原の力強い歌唱に聴き入った。

ライブ中盤では秋澤や石原がこの公演を迎えられた喜びを感慨深げに語ったあと、美しいバラード曲が続けて届けられた。さらに石原がアコースティックギター、秋澤がリードギター、せとがキーボードという編成でパフォーマンスが行われ、場内はよりしっとりとした雰囲気に。このアコースティックコーナーでは、せとの透明感のある歌声が響く「へっぽこまん」、石原が世情に対する思いをみずみずしく歌い上げる「世界の果て」の2曲が歌われ、観客はそれぞれの楽曲の世界観に浸っていた。通常編成に戻って最初に披露されたのは、石原の噛みしめるような弾き語りから切なさをたたえたバンドアンサンブルへと移り変わる「煙」。アップテンポナンバー「バンドワゴンに乗って」では、石原が歌詞を忘れて演奏を一時中断するハプニングがあったものの、3人は来場者の鼓舞を受けて演奏を再開。熱のこもったパフォーマンスで場内を盛り上げて、軽快な8ビートの新曲「ゴーストバスター」へとつなげた。

アンコールではせとがこの2公演について、自分たちだけではなくスタッフにとっても夢だったことを述べたあと、足を運んでくれたファンに感謝を伝えた。場内が拍手に包まれる中、3人はミディアムバラードの新曲(タイトル未定)のパフォーマンスへ。石原の「ここが一番緊張しているかも」という発言を感じさせないほど穏やかな演奏を経て、最後の楽曲としてセレクトされたのは「グッバイ」。石原の圧倒的な声量がフィーチャーされた序盤から、爽快なサウンドにのせて銀テープが発射されると場内の盛り上がりは最高潮に達した。最後に石原が「いずれは武道館にも立っていきたい」という展望を述べたあと、「ありがとうございました。Saucy Dogでした!」とファンへ感謝を伝えてSaucy Dog初の日比谷野音ワンマンの幕を下ろした。

Saucy Dog「YAON de WAOOON in TOKYO」
2019年4月30日 日比谷野外大音楽堂 セットリスト

01. 真昼の月
02. ナイトクロージング
03. ジオラマ
04. あとの話
05. 曇りのち
06. マザーロード
07. Wake
08. 新曲
09. いつか
10. コンタクトケース
11. へっぽこまん(アコースティック)
12. 世界の果て(アコースティック)
13. 煙
14. メトロノウム
15. バンドワゴンに乗って
16. ゴーストバスター
<アンコール>
17. 新曲
18. グッバイ

アプリで読む