Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

第42回ぴあフィルムフェスティバルの開催日が決定 PFFアワードで作品を募集中

ぴあ

20/2/20(木) 18:00

「PFFアワード2020」作品募集

本年で42回を数える映画祭「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」の開催日が決定した。日程は、9月12日(土)から26日(土)。月曜休館を挟んで13日間、東京・京橋の「国立映画アーカイブ」で開催される。

ぴあフィルムフェスティバルのメインプログラムは、1977年の始まりから続く自主映画のコンペティション「PFFアワード」。新人映画監督の登竜門として、これまでに140名を超えるプロの映画監督を輩出してきた。

現在「PFFアワード2020」は作品を募集中。締め切りは3月24日(火)となっている。入選作品は、第42回ぴあフィルムフェスティバルでお披露目上映される予定だ。

昨年は、「PFFアワード」入選をきっかけに注目を集め劇場公開された『沈没家族』(加納土監督)、『オーファンズ・ブルース』(工藤梨穂監督)、『ある日本の絵描き少年』(川尻将由監督)が全国の劇場で上映された。

また、『ある日本の絵描き少年』は、先日の第74回毎日映画コンクールで、アニメーション映画賞「大藤信郎賞」を受賞。「PFFアワード」入選監督である、タナダユキ監督『ロマンスドール』、諏訪敦彦監督『風の電話』、成島 出監督『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』が現在公開中。また、本年の公開予定作には、手塚眞監督『ばるぼら』、岨手由貴子監督『あのこは貴族』、石井裕也監督『生きちゃった』などがある。

◎映画祭「第42回ぴあフィルムフェスティバル」開催概要
【会期】2020年9月12日(土)から26日(土)まで※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)
【公式サイト】https://pff.jp

◎コンペティション部門「PFFアワード2020」作品募集概要
【募集期間】2020年2月3日(月)~3月24日(火)
応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。
1年以内に完成した自主映画であれば、どんな作品でもご応募いただけます。
【作品募集ページ】https://pff.jp/jp/award/entry/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む