Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

青年団ロゴ

第0回豊岡演劇祭の参加団体決定、平田オリザ「『進化する演劇祭』を目指して」

ナタリー

19/6/5(水) 15:06

「第0回豊岡演劇祭 Toyooka Theater Festival」が、9月6日から8日に兵庫・城崎国際アートセンターほかにて開催される。

「豊岡演劇祭 Toyooka Theater Festival」は、2020年に本格開催される、青年団の平田オリザがフェスティバルディレクターを務める新しい演劇祭。第0回となる今回は、メインプログラムとして青年団「東京ノート・インターナショナルバージョン」と柿喰う客「御披楽喜」、スタジオ公演としてホエイ「或るめぐらの話」とうさぎストライプ「ゴールデンバット」が上演される。

平田は演劇祭の公式サイトにて、開催主旨として「日本国内では類例を見ないフリンジ型(自主参加型)の国際的な演劇祭を目指す」「同時に、アジアの舞台芸術の見本市的な性格を持たせ、国内外のプロデューサーや評論家が必ず訪れる演劇祭を目指す。そのために、有力な演目をキラーコンテンツとして招請する」「新設される専門職大学の臨地実習(長期インターン)の場として機能させる」「ITを活用した演劇祭独自の地域通貨を開発し、地域の経済活動にダイレクトに貢献する」「フリンジ参加のカンパニーに対して市内の様々な空間を上演会場として提供し、そのことを通じて、将来的な空き家空き店舗対策に結びつける」「演劇教育についての、先端的な情報交換の場として機能させる」を掲げ、「上記のような事柄を、初年度より意識して、街作りと演劇祭を連動させた『進化する演劇祭』を目指していきます」と意気込みを述べている。

各作品の公演詳細は6月下旬に発表される予定。

「第0回豊岡演劇祭 Toyooka Theater Festival」

2019年9月6日(金)~8日(日)

メインプログラム

青年団「東京ノート・インターナショナルバージョン」

兵庫県 城崎国際アートセンター ホール

柿喰う客「御披楽喜」

兵庫県 出石永楽館

スタジオ公演

ホエイ「或るめぐらの話」

兵庫県 城崎国際アートセンター スタジオ1

うさぎストライプ「ゴールデンバット」

兵庫県 城崎国際アートセンター スタジオ1

アプリで読む