Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

millennium parade、2年ぶり東阪ワンマン完走!ファイナル公演にあの人

ナタリー

「millennium parade Live 2021 "THE MILLENNIUM PARADE"」の様子。

millennium paradeの東阪ワンマンライブ「millennium parade Live 2021 “THE MILLENNIUM PARADE”」が、昨日10月7日に大阪・フェスティバルホールでファイナルを迎えた。

約2年ぶりに東阪で単独公演を行ったmillennium parade。今年2月リリースのアルバム「THE MILLENNIUM PARADE」を引っさげてのこれらの公演は、「元通りの世の中に一刻も早く戻れるよう」という思いで開催時期が調整されていた。そしてこのたび1席ごとに客席の間隔を空け、感染対策を十分に行いながら、満を持して開催された。

millennium paradeならではのコミカルな演出で「声は出さずにクラップで楽しんで」といった注意喚起の映像が流れるオープニングを経て、爆音とともに約5mの巨大な鬼のバルーンを背負ったメンバーが登場。ステージ背面に次々と投影される、総合演出を務めたMargt(PERIMETRON)による映像とともに、アルバム「THE MILLENNIUM PARADE」収録曲を中心に18曲が披露された。

今回のライブには、これまでmillennium paradeの楽曲に参加してきたアーティストもゲストとして出演。「Fly with me」「Dark」でシンガーのHIMI、「Fireworks and Flying Sparks」「FAMILIA」で井口理(King Gnu)が参加した。ファイナル公演では中村佳穂を迎え、初めて彼女を交えて楽曲「U」を披露。会場が驚きと歓喜に包まれる中、圧倒的な歌唱とパフォーマンスで、あっという間の3分間を駆け抜けた。

ラストに常田大希(Key, Vo / King Gnu、PERIMETRON)はmillennium paradeを代表して「また絶対にやるから」とファンに向けて約束し、2都市を舞台にした「millennium parade Live 2021 “THE MILLENNIUM PARADE”」に幕を下ろした。

アプリで読む