Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」新場面写真

ロックが「ワイスピ」犬猿コンビのホブス&ショウに「敵意があるがどこか似ている」

ナタリー

19/8/2(金) 8:00

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」より、ドウェイン・ジョンソンのコメントを収めた特別映像がYouTubeにて公開された。

ジョンソン扮する元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ジェイソン・ステイサム演じる元MI6エージェントのショウがタッグを組む本作。公開された映像には、ジョンソンがシリーズ過去作を振り返りながら最新作について語る様子が収められた。ジョンソンは、ホブズとショウの関係について「互いに敵意があるがどこか似ているところもある」とコメント。「アクションシーンは圧巻だ」と自信を見せ「パワーアップした本作を是非観てくれ」とアピールした。

前作「ワイルド・スピード ICE BREAK」の撮影で、ステイサムとの相性のよさを感じていたというジョンソン。刑務所でのシーンでは「2人の間に独特の化学反応が生まれ始めていた。それにすぐに気付いたのは、2人だけじゃなかった。プロデューサーのハイラム(・ガルシア)と脚本のクリス・モーガンに聞いてみたら、彼らも同意してくれたのを覚えている」と振り返る。続けて「ホブスとショウは、それぞれがボスで、お互いにわずかな敬意はありながらも、いがみあっている。それは映画だと最高の原動力になることが多い」と語り、本作の企画へとつながったことを明かした。

デヴィッド・リーチが監督を務めた「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」は本日8月2日より日米同時ロードショー。

(c)Universal Pictures

アプリで読む