Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

STU48の2期生オーディション説明会「瀬戸内セミナー」の様子。(c)STU

STU48号で2期生オーディション説明会開催、メンバーが参加者へメッセージ

ナタリー

19/8/22(木) 10:51

昨日8月21日に広島・広島国際フェリーポートに停泊しているSTU48の船上劇場「STU48号」にて、2期生オーディションの説明会「瀬戸内セミナー」が行われた。

セミナーの前半では株式会社STUの社員が瀬戸内でSTU48が活動する意義や、オーディションに合格したあとの活動内容を説明。また広島県商工労働局観光課・山口県観光エキスパートフレンズの職員から、広島県と山口県の観光スポット、グルメ、観光への取り組みなど瀬戸内エリアの魅力がたっぷりと語られたほか、結成時からSTU48と関わりが深く、瀬戸内地域の観光産業活性化に取り組んでいる「せとうちDMO」からその事業内容の解説が行われた。

そしていよいよSTU48のメンバーより今村美月、岩田陽菜、瀧野由美子がステージに登場。それぞれの自己紹介と、門脇実優菜がナレーションを担当したSTU48の紹介映像の上映を経てトークを展開した。「オーディションを受けたきっかけ」というテーマでは岩田が「もともとアイドルが好きで、握手会やライブに行ったりしているうちに“大好き”が“憧れ”に変わって、STU48は5回目のオーディションだったのですが、『地元の山口県が活動範囲のSTU48に絶対に合格したい!』と思って応募しました」と話し、「STU48としてこれまで大変だったこと」というテーマでは瀧野が「つらいことや大変なことはたくさんあるのですが、早起きが大変です。グループでの活動なので、寝坊するとみんなに迷惑をかけてしまうので……明日も朝早いんです!」とコメント。司会者から「最近は起きれるようになってきたのですか?」と聞かれた瀧野が「最近は……」と言葉を詰まらせると、岩田は「なってきていないみたいですね」とツッコみ、緊張感のあった会場に初めて笑いを起こした。

その後、船上劇場の支配人である山本学もステージに登場し、セミナーは参加者からの質疑応答タイムへ。「STU48の活動で大切にしていることはなんですか?」と言う質問には今村が「ファンの方の前で、弱音を吐かないことです。応援していただいている側なので、元気を届けたいのでいつも笑顔でいることを大切にしています」と笑顔で答え、「食事制限はしていますか?」という質問には瀧野が「糖質は、メンバーみんな気にするようにしています。うどんとかは食べるけど……」と語った。また「オーディションの書類応募の写真は、どこでどういうふうに撮りましたか?」という質問に対しては、瀧野が「友達の家の白い壁の前」、岩田が「庭のブルーベリーの木が生えているところ」、今村が「写真館」とそれぞれ回答した。

セミナーの最後には登壇者4人から参加者へメッセージが送られた。山本支配人は「おそらく今回の2期生に応募していただける方々だと思うのですが、夢を一緒に掴んで盛り上げていただけたらと思いますので、ぜひよろしくお願いします!」と挨拶し、今村は「STU48はメンバーみんな優しくて、楽しいグループなので、ぜひ皆さん2期生に応募してみてください!」と呼びかける。岩田は「オーディションを受けるとなったら緊張すると思うし、不安で毎日ドキドキすると思うのですが、『夢を叶えたい!』という大きい気持ちがあればきっと自信も付くと思うので、皆さんぜひSTU48でアイドルになりたいという夢を叶えてください!」と述べ、瀧野は「私たちは瀬戸内密着型のグループですが、瀬戸内エリアが地元でない方でも瀬戸内を絶対に好きになると思うので、安心してください。そして瀬戸内エリアが地元の方は、地元に誇りを持って一緒に活動できたらいいなと思っています。私みたいに歌もダンスも素人でも……温かく受け入れてくれるグループなので、得意な子はそれを武器にしていけたらいいですし、一緒にがんばっていけたらいいなと思っています!」と語った。

アプリで読む