Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

土屋太鳳&白石麻衣が「ギガ王」アントニオ猪木と共演 ソフトバンク新CM

CINRA.NET

19/6/25(火) 0:00

ソフトバンクのテレビCMシリーズ「ギガ国物語」の新作「ギガ王」篇が、6月27日から全国で放映される。

慢性的な「ギガ不足」に悩まされている「ギガ国」を舞台にした「ギガ国物語」シリーズ。岡田准一演じるリーダーの「オカダ」、土屋太鳳演じる真面目で純粋な「タオ」、白石麻衣演じる冷静沈着な「シライシ」、北村匠海演じる気弱で他力本願な「タクミ」の4人の旅人と、内田真礼が声を演じる高性能AI搭載ロボット「サトウ」が様々な現状に直面しながら旅をする様を描く。

「ギガ王」篇には、アントニオ猪木演じるギガ国の王「ギガ王」が初登場。「元気ですかー!」というギガ王の呼びかけに対して、ギガが使い放題になって歓喜する国民たちが「うおぉぉぉー!」と叫ぶ様子や、「みんな元気ね」「ギガが使い放題だから」というシライシとタオのやりとり、ギガ王が「ギガがあればなんでも観れる!ご唱和ください!いくぞー1・2・3」と叫ぶと、ギガ王からマイクを奪ったタオが「ギガー」と叫ぶ姿などが映し出されている。

土屋と白石はアントニオ猪木との共演についてそれぞれ「まさか共演させていただけるなんて思ってもなかったので、まるでサンタクロースに会った時みたいに、伝説のお方に会えた・・!っていう喜びでいっぱいです!」「私も、小さい頃から見ていた憧れのヒーローが自分の目の前に現れて、しかもいつも聞いていたセリフを実際に言ってくださって。パワーをもらいました!」。またアントニオ猪木は2人との共演について「こちらこそ、元気をもらいました!ありがとうございます」と述べている。

撮影中には「1・2・3、ギガー!」と叫ぶシーンで「1・2・3、ダー!」と叫んでしまった土屋に対して、白石が大爆笑する一幕もあったという。

アプリで読む