Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

栄光と転落…作家トルーマン・カポーティの人生に迫るドキュメンタリー公開

ナタリー

20/8/29(土) 6:00

「トルーマン・カポーティ 真実のテープ」ポスタービジュアル

「ティファニーで朝食を」「冷血」などで知られる作家トルーマン・カポーティに焦点を当てたドキュメンタリー「The Capote Tapes」が、「トルーマン・カポーティ 真実のテープ」の邦題で11月6日に東京のBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開される。

ジャーナリストのジョージ・プリンプトンによる評伝をもとに、カポーティの知人や関係者たちの証言によって彼の栄光と転落を追う本作。ニューヨークの上流階級の実態を描いた「叶えられた祈り」第1章を発表したカポーティは、そのスキャンダラスな内容から激しい論争を巻き起こしてしまう。社交界から追放され、多くの友人を失った彼はアルコールと薬物中毒に苦しみ、「叶えられた祈り」を完成させられずにこの世を去った。

本作では作家ノーマン・メイラーや女優ローレン・バコールへの当時の取材テープに加え、カポーティの養女ケイト・ハリントン、作家のジェイ・マキナニー、ファッションジャーナリストのアンドレ・レオン・タリーへの新たなインタビューを公開。カポーティの波乱に満ちた人生と「叶えられた祈り」を巡るミステリーに迫る。

監督と製作を担当したのは、バラク・オバマ政権時のホワイトハウスでソーシャルセクレタリーを務めた経歴を持つイーブス・バーノー。本作が監督デビュー作となった。

(c) 2019, Hatch House Media Ltd.

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む