Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ウォーキング・スタッフの新企画が始動

ぴあ

19/2/16(土) 0:00

2月16日(土)、シアター711にてウォーキング・スタッフプロデュース アクターズエディション Vol.1『虎は狐と井の中に(仮)』が開幕する。

俳優が発信し、『死神の精度〜7 days Judgement』などで知られる演出家・和田憲明率いるウォーキング・スタッフがプロデュースするという新たな形態の作品の第1弾となるのが『虎は狐と~』だ。

今作は世間から切り離された小さな世界——派遣会社の社員寮を舞台に、若者たちのヒエラルキーを描く物語。和田のワークショップに参加した31歳の俳優・米田敬が、自らが中心となって舞台を立ち上げることを決意。ベテランの和田に自分の目で選んだ若手劇作家・池内風(かわいいコンビニ店員飯田さん主宰)を引き会わせた。ここに「リアルな会話劇に定評ある演出家・和田憲明×理性を排除した人間模様を描く作家・池内風」の新たなコラボレーションが誕生した。

さらにキャストをオーディションで選出することになった際、そこに応募してきたのがさとうほなみ(ゲスの極み乙女。ドラマーのほな・いこか)だったという。さらにナイロン100℃の猪俣三四郎や新国立劇場演劇研修所卒の岡崎さつきなど、出自も経験もまったく違う、さまざまなタイプの役者たちが結集した。

演劇の立ち上がり方、作られ方はもっと自由であっていい。若き俳優が立ち上げたこの作品が新たなおもしろさを生み出したなら、演劇の豊かさはより増すことだろう。

2月24日(日)まで。

文:釣木文恵

アプリで読む