Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『決算!忠臣蔵』武林唯七(橋本良亮) (c)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

A.B.C-Z橋本良亮、堤真一&岡村隆史W主演作『決算!忠臣蔵』で時代劇初出演!

ぴあ

19/4/3(水) 7:00

東大教授・山本博の『「忠臣蔵」の決算書』を原作に、討入り計画の実像をお金の面で記した本作。堤真一が大石内蔵助を、そろばん侍・矢頭長助を岡村隆史が、W主演することでも注目を集めている。そんな本作にA.B.C-Zの橋本良亮が参加する。

1701年3月14日、江戸城・松の廊下で赤穂藩藩主・浅野内匠頭が、吉良上野介に斬りかかるという事件が起こる。喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下したのは浅野家のお取り潰しと即日切腹。赤穂浪士たちは路頭に迷うことになる。筆頭家老の大石内蔵助は、勘定方・矢頭長助と共にお家復興を目指すものの、努力虚しくその夢は絶たれてしまう。しかし討入りするにも予算が必要。その上限は9500万。討入りするのかしないのか……迷っているうちに、どんどん予算は減っていく。やるなら、チャンスは1回きり。果たして内蔵助らは、予算内で仇討ちプロジェクトは成功するのか?

今回、発表された橋本良亮の役どころは、赤穂浪士・武林唯七。史実では浪士きっての過激派で、吉良上野介に一番太刀を付けた人物として知られている。不義・不正を憎む真っ直ぐな性格で、どこかおっちょこちょいな部分も持つ愛されキャラだ。内蔵助に討入りの決断を迫るひとりとして、物語の重要な役割を担う。

橋本の映画出演は『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』以来、2作目。時代劇には初挑戦となる。堤、岡村のほかに、濱田岳、横山裕(関ジャニ∞)、妻夫木聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみら豪華キャストが集結している本作。「素晴らしい共演者の方々といいものを作りたいです」と語っていた橋本は、初日から堂々たる演技を披露。また、あるシーンでは納得がいかずに20テイク以上を重ねるなど、ストイックな一面ものぞかせた。

メガホンを握った中村義洋監督は「橋本くんが演じた武林唯七は年収が170万円ほどで、 御家断絶後も浪人となり、さらに困窮しまくる役なので、 あの涼しげな橋本くんもどんどん薄汚く、余裕なく、カッコ悪くなっていくわけで、たまらなく面白かったです! でも本人も楽しそうでしたから、ファンの皆さん、許してください」と語っており、橋本の熱演する人間味あふれる姿に期待が高まる。

『決算!忠臣蔵』 2019年冬、全国ロードショー

アプリで読む