Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ある船頭の話」新場面写真より、くっきー演じる楽団員(中央左)。

オダギリジョー監督作にくっきー出演「今一番興味のある顔」、河本準一も参加

ナタリー

19/8/9(金) 17:00

オダギリジョーが監督を務める「ある船頭の話」に、くっきー(野性爆弾)と河本準一(次長課長)が出演していることがわかった。

ウォン・カーウァイ作品などで知られるクリストファー・ドイルが撮影監督を務める本作は、1人の少女との出会いを機に人生を狂わせていく船頭・トイチを描く物語。トイチを柄本明、少女を川島鈴遥が演じた。本作でくっきーは楽団員役、河本は橋の建設に携わる建設作業員を演じる。2人を起用した理由についてオダギリは「河本くんは幼馴染でもあり、前監督作『さくらな人たち』の主演でもあり。くっきーさんは、今一番興味のある顔であり」と語った。

村上虹郎、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、笹野高史、草笛光子、細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功も出演した「ある船頭の話」は9月13日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。8月28日に開幕する、第76回ヴェネツィア国際映画祭のヴェニスデイズ部門にも出品される。

(c)2019「ある船頭の話」製作委員会

アプリで読む