Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「ばらの花」×「ネイティブダンサー」マッシュアップ曲起用、相鉄都心直通記念ムービー公開 歌唱はyui&odol ミゾべリョウ

リアルサウンド

19/11/28(木) 19:24

  相鉄都心直通記念ムービー『100 YEARS TRAIN』の音楽に「ばらの花」(くるり)と「ネイティブダンサー」(サカナクション)のマッシュアップ曲が起用された。

(関連:YUI、中島美嘉に続くのは? 映像発女性アーティストの“成功の花道”を分析

100 YEARS TRAIN|相鉄都心直通記念ムービー
 同曲では、FLOWER FLOWERのyuiとodolのミゾベリョウが歌を担当。本ムービーは、「SOTETSUあしたをつくるPROJECT」の一環として公開された。

 「100 YEARS TRAIN」は、100年の歴史を経て11月30日より相鉄線が都心と直通することを記念し制作された。二階堂ふみ、染谷将太を主演に迎え、相鉄線が 大正・昭和・平成と時代に合わせて移り変わっていく様子と、令和時代に入ってから都心に直通することで人々の環境が変化する様子を描いた約3分半のムービーとなっている。二階堂ふみ演じる女性が染谷将太演じる男性に“ひとめぼれ”するシーンから始まり、時代を超えて、繰り返し再会してはすれ違ってしまう、切ない男女の恋を描いたストーリーが展開され、最後には、直通運転により2人の関係に変化が生まれる情景が描かれている。また、各時代を象徴する車両や衣装、写真を中心とした美術品で時代性をリアルに表現し、大正時代では着物や袴の衣装、昭和時代では着物を仕立て直した衣装、平成時代ではギャルファッションやB-BOYスタイルの衣装、令和時代では、多様性を意識した衣装が登場する。また、各時代の最後には、“時代を象徴する写真”が 登場し、モノクロ写真、プリクラ、スマートフォン画面などで100年の歴史を表現しているとのこと。令和時代には、ママインフルエンサーとして活躍している星玲奈や、若者に人気のネットドラマで活躍する早瀬慧などが乗客役として登場。挿入歌のマッシュアップ曲は、ムービーのテーマ“つながる”にちなんで、2組のアーティストの既存曲を“つなげる”ことで新しい曲が誕生した。

 さらに、今後横浜がさらに盛り上がればという想いから横浜にゆかりのある著名人からの応援コメントも届いている。(リアルサウンド編集部)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む