Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)Kazumi Kurigami

村治佳織、映画のような私の人生 〜いつもギターが一緒だった〜

「ビクター時代」 (15歳でのCDデビュー)

全10回

第8回

18/10/8(月)

 デビューからの25年間は、アルバム制作で言えば大きく2つの時代に分けることができます。15歳から25歳までの「ビクター時代」と、それ以降の「デッカ時代」です。まずは15歳でアルバムデビューを果たして以来、9枚のアルバムを残した「ビクター時代」についてお話します。
 CDデビューについては、当時師事していた福田進一先生が、ビクターのプロデューサーに「凄い子がいる」と紹介してくださったことがすべての始まりでした。デビューに合わせたわけではないのですが、その数ヶ月後にタイミングよく東京国際ギターコンクールに優勝することができて、デビューに向けてさらに拍車がかかったという感じです。その結果できあがったアルバムが『エスプレッシーヴォ』です。ビクターの方針で、「若手ギタリストのデビュー」ということだけの告知しかせず、若いということが過度に注目されないよう1年間は年齢を伏せていたのも懐かしい思い出です。「彼女の音楽そのものを聴いてほしい!」と、当時のプロデューサー野島友雄さんが切に願っていたのだと思います。デビュー当初から良い方々に囲まれたことに感謝しています。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む