Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

桐谷健太×高橋克典×佐々木希×髙嶋政宏『醉いどれ天使』舞台化決定 演出は三池崇史

ぴあ

桐谷健太、高橋克典、佐々木希、髙嶋政宏

9月に明治座、10月に新歌舞伎座にて、黒澤明監督作『醉いどれ天使』を舞台化することが決定した。

名匠・黒澤明と、その多くの作品で主演を務めた三船敏郎。ふたりが初めてタッグを組んだ映画が『醉いどれ天使』が舞台としてよみがえる。映画が公開された1948年4月から約半年後、ほぼ同じキャストとスタッフが集結し、舞台作品として上演されたという記録が残っている。当時の映画界では、大規模な労働運動が起こり、多くのスタッフや俳優たちが窮状に陥っていた。彼らを救うために黒澤明を中心に劇団が編成され、全国巡業が催されたと言われている。この時、上演作品に選ばれたのが『醉いどれ天使』だった。

近年、偶然にも三船プロダクションが長年眠っていた舞台台本を発見。色あせることのない普遍性を持ち、今を生きる私たちにも強く訴えてくるメッセージ。混沌とした現代に上演する意味を受け止め、それぞれの作品が持つ魅力を引き継ぎながら、2021年の舞台版、新生『醉いどれ天使』が誕生する。

『醉いどれ天使』が描くのは、闇市を支配する若いやくざ・松永と、酒好きで毒舌な貧乏医師・真田のぶつかり合い。結核に侵されている松永を何とか生かそうとする真田。自暴自棄に己を通そうとする松永。映画で黒澤明は、松永を演じた三船敏郎の野獣のようなエネルギーに魅了され、松永と志村喬演じる真田の対峙を物語の中心に据える変更を加えた。今回の舞台ではふたりのその熱量をさらに高めていく。また、映画でも印象的なダンスシーンをはじめ、ライブならではのフィジカルでエネルギッシュな表現も満載。戦後の人々が命を燃やすように生きる姿を描き出す。

三船敏郎が演じた松永に挑むのは桐谷健太。真田役には高橋克典。松永と同郷で彼に思いを寄せるぎんを演じるのは佐々木希。そして、松永の兄貴分・岡田を髙嶋政宏が演じる。

演出を務めるのは三池崇史。バイオレンスからコメディ、最近では特撮テレビドラマ『ガールズ×戦士シリーズ』まで、多岐にわたる映像制作を続けている三池は、『夜叉ヶ池』(2004年)、『座頭市』(2007年)、六本木歌舞伎シリーズと、舞台演出も手がけてきた。脚本は、演劇界のみならず映画脚本、映像作品にも活躍の場を広げている蓬莱竜太が担当する。

●蓬莱竜太(脚本)
戦後の闇市に流れる『どこに向かうのか』という空気は、質は違えど今この時代に強く感じることがあります。
若くしてどう生きるのかという問題に直面した主人公のもがき苦しむ姿は、僕たちに向けられた応援歌ではないかと。
そう思って、新たな気持ちで執筆させてもらいました。

●三池崇史(演出)
冬の曇天。わずかな雲の隙間から差し込む陽の暖かさに触れ、幸せを感じたことはありませんか?
「明日は晴れるかな」という小さな灯りが見えるだけで人の心は癒され、生きる喜びを感じる。『醉いどれ天使』はそういう芝居です。マスク越しの呼吸にも少し慣れてきた今、凍えた体と心を暖めに来て下さい。劇場で小さな陽だまりを作ってお待ちしています。

●桐谷健太
醉いどれ天使、、、黒澤明監督と、新人で初主演だった三船敏郎さんの黄金タッグ。
東京に出てきて間もない頃、色んな人に目がギラついてるねと言われたあの頃、ひとりのおっちゃんに『お前の眼光は往年の三船敏郎みたいやな』と言われ、ちょっぴり嬉しく想ったことを覚えています。
そこから時も経ち、こうして三池監督とタッグを組めることを、嬉しく、本当にありがたく想います。
戦後の闇市で不器用ながらも情の深い漢たち。この時代の漢を演じ、生きることは、とてつもないパワーとエネルギーが必要です。無事に生きて帰れるか分からないですが(笑)、全力で入り込んでいきます。見届けていただけたら幸いです。

●高橋克典
4年ぶりに舞台に出演することとなり、嬉しさや怖さも含めて楽しみです。
そして日本映画史に残る黒澤明監督「醉いどれ天使」という作品の舞台に参加させて頂けることが光栄です。
今回演出の三池監督とは映画「サラリーマン金太郎」以来にご一緒させて頂けることも嬉しく、三池監督の世界観で‘人間味の溢れる男たちの葛藤’をどう演じていくのか今後始まる稽古を楽しみに台本と向き合っています。また桐谷健太君とはがっつりと共演したことがないので、こちらも楽しみであり一緒に素晴らしい作品を作り上げていきたいと思っております。

●佐々木希
今回『醉いどれ天使』の舞台のお話を頂いた時は、本当に驚きました。舞台の出演が約6年ぶりでしたので、正直怖さもあり悩みました。ですが、台本を読ませていただき、人間の綺麗な部分だけを描いているのではなく、もがきや葛藤する姿など人間味溢れる人々の物語にとても引き込まれました。それと同時に、この世界を三池さんがどのように演出してくださるのだろう…と考えると楽しみに変わり、自然と参加させていただきたいという気持ちが高まっていきました。気さくながらも真っ直ぐに松永を支え寄り添う"ぎん"という女性が愛おしく、そんな女性を演じる事が今から楽しみで仕方ないです。

●髙嶋政宏
僕がもっとも敬愛する映画の神様のおふたり、黒澤監督と三船敏郎さん。
この世界を仰天させた空前絶後のゴールデンコンビの大進撃の始まりの記念すべき作品「醉いどれ天使」。
この作品の舞台化へのオファーを頂いた時、喜びのあまり、思わず家で叫んでしまったことは言うまでもありません。
僕が初めて観たのは高校生の頃。当時、VHSが擦り切れそうになるほど何度も何度も観ました。
あの衝撃はいまだに忘れません。その衝撃の作品の舞台化に出られるなんて!と今から興奮してはいますが、冷静に、そして、この興奮のエネルギーはそのままにお客さんが楽しんでもらえる舞台になるよう精進します。

『醉いどれ天使』
原作:黒澤明、植草圭之助
脚本 :蓬莱竜太
演出:三池崇史
出演:桐谷健太、高橋克典、佐々木希、髙嶋政宏
公式サイト:http://www.yoidoretenshi.jp/

東京公演:2021年9月3日(金)~20日(月祝) / 明治座
大阪公演:2021年10月1日(金)~11日(月) / 新歌舞伎座

アプリで読む