Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

青春五月党「静物画」東京公演より。(撮影:新井卓)

青春五月党「静物画」東京へ、柳美里「悲しみを胸に抱えている時に出会う美しさを」

ナタリー

19/3/16(土) 11:10

青春五月党「静物画」が、昨日3月15日に東京・BUoYで開幕した。

「静物画」は、柳美里率いる青春五月党が、昨年2018年9月の復活公演第1弾で上演した作品。柳が福島県立ふたば未来学園高等学校 演劇部の面々と立ち上げた本作を、女子版と男子版の2チーム制で再演する。なお今回の公演には神奈川県立多摩高等学校の合唱部も加わる。

開幕に際し柳は、「悲しみを胸に抱えている時に出会う美しさを、舞台を通じて作り上げることができました」と手応えを語っている。上演時間は約1時間15分。公演は明日17日まで。

柳美里コメント

昨年9月の復活公演時には叶わなかった新しい要素、合唱と身体パフォーマンスのシーンが実現しました。離れたところで稽古を進めていたので、その融合が最大の不安材料でしたが、北千住BUoYの空間との相性も良く、舞台芸術作品として観客に届けられたと感じています。悲しみを胸に抱えている時に出会う美しさを、舞台を通じて作り上げることができました。

青春五月党「静物画」東京公演

2019年3月15日(金)~17日(日)
東京都 BUoY

作・演出:柳美里
出演:福島県立ふたば未来学園高等学校 演劇部
関根颯姫、鶴飼美桜、佐藤友衣、鶴飼夢姫、大田歩未、星萌々子(以上は女子版に出演)、猪狩敬仁、大田省吾、友永実、新妻駿哉、半杭奏人、森崎陽(以上は男子版に出演)/ 小林俊一、齋藤夏菜子 / TAICHI-KIKAKU
合唱:神奈川県立多摩高等学校 合唱部

※森崎陽の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

アプリで読む