Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「としま能の会」今年は復曲能「大般若」を中心に、観世喜正と野村万蔵の配信講座も

ナタリー

20/10/15(木) 13:55

「第33回 としま能の会」ビジュアル

「第33回 としま能の会」が12月18日に、東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で開催される。

能楽の普及を目的に能楽を披露してきた「としま能の会」。33回目となる今年は、観世喜正が解説を務め、三蔵法師や天女、龍神などが次々に現れる復曲能「大般若」を中心とする3演目を送る。上演されるのは、和久荘太郎による仕舞「玉之段」、野村萬、野村万蔵、野村万之丞が出演する狂言「萩大名」、喜正による復曲能「大般若」。

また、今回は喜正と万蔵を講師に10月から12月まで、としま未来文化財団のYouTubeチャンネルで無料配信講座「『観劇が楽しみになる!』能楽講座」を実施。配信では、能の楽しみ方から、狂言と能の違い、「萩大名」「大般若」にフィーチャーした講座までが公開される。第1回は明日10月16日に予定。

「第33回 としま能の会」

2020年12月18日(金)
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

解説:観世喜正

演目

宝生流 仕舞「玉之段」

出演:和久荘太郎

和泉流 狂言「萩大名」

出演:野村萬、野村万蔵、野村万之丞

観世流 復曲能「大般若」

出演:観世喜正

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む