Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

天月-あまつき-(撮影:大川晋児)

天月-あまつき-三番勝負に見事勝利!はしやんとの「ロキ」も披露したFCライブ

ナタリー

18/11/23(金) 18:00

天月-あまつき-が11月18日に東京・club dianaにて、ファンクラブ会員限定ツアー「ぼくらの秋色音日記 ~天文部編~」の最終公演を開催した。

開演前、天月の公式ファンクラブ・月ノ山天文部の部員たちからのQ&Aに答える影アナが流れたあと、天月が2階席から登場。大歓声の中、バンドメンバーの演奏に合わせて「かいしんのいちげき!」を歌い始め、ライブをスタートさせた。約800人の天文部員たちの顔を見渡しながら、天月は伸びやかな歌声を響かせてオーディエンスを魅了した。

1曲歌い終えると、「天月 AUTUMN 三番勝負」と題した会場参加型の企画を展開。1つ目の企画「芸術の秋 勝負」は制限時間内に描かれたイラストのお題を天文部員に当ててもらうというもので、天月が「トトロ」や「もんじゃ焼き」を彼らしいユニークな表現で描くと、会場は困惑と笑いに包まれた。しかし、回答権を得た天文部員は見事にお題を言い当て、1つ目の勝負は天月-あまつき-の勝利となった。2つ目「読書の秋 勝負」は、友人の高坂はしやんが書いた脚本を天月がステージ上で朗読してみせ、その完成度を問うというもの。朗読中、BGMを奏でるキーボーディストにバンドメンバーの妨害が入る。観客たちからも笑いが漏れる中、見事な集中力で脚本を読み切った天月には盛大な拍手が贈られ、2つ目の勝負も見事に成功となった。最後の企画は「スポーツの秋 勝負」。この企画はステージの上に置かれた自転車発電装置と連動したママチャリを漕ぎ、電気を発電しながら1曲歌うというもので、ジャケットを脱いだ天月はママチャリを漕ぎながら「ハートフルエッジ」を歌い始める。「がんばれ!」という声援に応え、息を切らしながらも1曲を歌い切り、三番勝負はすべて天月の勝利に終わった。ご褒美として「特選ロース弁当」を渡された天月は、その場で弁当を頬張り、弾けるような笑顔を見せた。

三番勝負を終えると、事前投票をしていた天月に歌ってほしい楽曲リクエストの結果発表が行われ、オリジナル曲では「コスモノート」、カバー曲では「夜明けと蛍」が1位を獲得。その後は「きっと愛って」「ホシアイ」といった天文部員のリクエストで上位を獲得した楽曲が立て続けに披露されていく。また、先日動画が公開されたばかりの新曲「ほしのこもりうた」を歌唱。伸びやかな高音のボーカルを響かせたあと、リクエスト1位を獲得したカバー曲「夜明けと蛍」では力強い歌声で観る者を惹き付けていった。

ライブ終盤、「僕にとって2018年は武道館公演があったり、アルバムを出したり……大きなことを行なって応援していただいた分、還元できるイベントを組みたかった」と、ファンと一緒に歩んできた今年の活動を振り返る天月。彼は2019年1月16日にニューシングル「恋人募集中(仮)」をリリースすることをアナウンスし、「皆さんのおかげで来年の天月が見えてきました。これからの僕がどうなっていくのかわからないけど、どうか皆さんの道と僕の道がまた交わって、素敵な景色が観られるようにがんばります」とファンにメッセージを贈った。リクエストランキング1位の「コスモノート」を歌い上げた天月は、東京公演のみのサプライズとしてはしやんをステージ上に招き、2人のユニット・melostとして「ロキ」をパフォーマンス。時折アイコンタクトを取りながら息ピッタリのコンビネーションで歌を届け、最後にステージ上で2人がハイタッチを交わしてこの日の公演は幕を閉じた。

天月-あまつき-「ぼくらの秋色音日記 ~天文部編~」2018年11月18日 CLUB DIANAセットリスト

01. かいしんのいちげき!
02. ハートフルエッジ
03. きっと愛って
04. カタオモイ
05. ホシアイ
06. ほしのこもりうた
07. 夜明けと蛍
08. さよならのかわりに
09. 1/6 -out of the gravity-
10. コスモノート
11. ロキ / ゲスト:はしやん

アプリで読む