Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヒプノシスマイク、1stアルバムが2位にランクイン 楽曲に詰まった型破りなまでの遊び心

リアルサウンド

19/5/4(土) 8:00

参考:2019年5月6日付週間アルバムランキング(2019年4月22日~2019年4月28日)

 2019年5月6日付のオリコン週間アルバムランキングは1位にKis-My-Ft2『FREE HUGS!』が204,516枚でランクイン。ほか、初登場としては3位のTWICE、5位と7位のあんスタ(あんさんぶるスターズ!)、8位のEXILE ATSUSHIなどが並んでいるが、やはり注目は146,505枚を売り上げて2位につけたヒプノシスマイクの1stフルアルバムとなる『Enter the Hypnosis Microphone』だろう。Kis-My-Ft2の圧倒的な存在感に迫る勢いだ。

(関連:Kis-My-Ft2、Da-iCE、XOX、MADKID、ヒプノシスマイク……男性グループ新作の作家陣に注目

 というわけで、今回は『Enter the Hypnosis Microphone』をピックアップする。人気のオールスターレパートリー群に加わった新曲「Hoodstar」をはじめとして、高いクオリティの楽曲が並ぶこのアルバム。これまでのファンには作品世界のいっそうの掘り下げを、興味を持ったばかりの人たちには多角的な魅力を持つコンテンツへの入り口を提供する一枚だ。

 相変わらず楽しいコンテンツだ、と一連の楽曲を楽しみつつも、ヒプノシスマイクの魅力を音楽的に語る、というのはやはり難しいと感じる。もちろん山田一郎役の木村昴をはじめとした声優陣のラップスキルは非常に高いし、リリックもビートも作品世界に寄り添いながらヒップホップ的な遊びを取り入れていて巧みだ。しかし、「ヒップホップとしてよくできている」というようなオーセンティシティを打ち出した評価もそれはそれで疑問。その点でこのアルバムに耳を傾けると、声優がキャラクターを演じたうえでラップをする、というユニークな企画を芯からきちんと踏まえたバランス感覚が光っている。

 たとえば1曲目の「Hoodstar」は、各ディビジョンのキャラクターたちや彼らの関係性が反映されたリリックを、ころころと色合いを変えるビートがていねいに演出して飽きさせない。シブヤディビジョンのFling Posseが登場すると軽やかでトロピカルなビートになり、シンジュクの麻天狼の面々が登場すれば一転、シリアスな夜の雰囲気を匂わせるトラップ調のビートになる。キャラクターたちの姿が情景とともに目に浮かぶような仕掛けだ。ヨコハマのMAD TRIGGER CREWの新曲「シノギ(Dead Pools)」やFling Posseの「Stella」なども、アツい歌詞とディビジョンの背景を捉えたビートの相性が抜群。

 なかでも面白かったのは、シンジュクの麻天狼の面々が過ごす休日をジャジーな4つ打ちに乗せて描く「パピヨン」と、イケブクロのBuster Bros!!!が朝に放送しているラジオ番組という設定の「おはようイケブクロ」の2曲だ。

 前者はビートの雰囲気が切り替わっていきつつも楽曲として自然な流れを崩さない巧みな仕事。効果音やガヤなどを的確に使って描かれるコミカルな情景には唸る。たとえば、冒頭、サラリーマンという設定の観音坂独歩が仕事の夢にうなされて目覚める場面の音響的な仕掛けには、くすりと笑みがこぼれてしまう。

 後者はもはや「曲」としての体裁が崩れかねないほどのギミックが満載で、さながら本物のラジオ番組のよう。リスナーからのメールや大喜利といったコーナーに加え、番組ジングルにコマーシャル、放送局のサウンドステッカーまで用意されている。これだけ入って4分半に収まっているのが不思議でしょうがない。楽曲としても面白いし、「こんなラジオ番組聞きたい!」と思わせるようなキャラクターの魅力もたっぷりだ。

 ヒプノシスマイクの楽曲には曲としてのベタな良さやキャラクター萌え、さらには型破りなまでの遊び心が詰まっているということを、『Enter the Hypnosis Microphone』をもって再確認した。(imdkm)

アプリで読む