Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から桐生祥秀選手、ロバート秋山、綾瀬はるか、ゆず。

ロバート秋山、聖火ランナーを追い続ける男に扮して東京オリンピック盛り上げる

ナタリー

19/6/17(月) 16:40

日本生命による2020年東京オリンピックの聖火リレーランナー募集企画が来週6月24日(月)にスタートする。この聖火リレーを盛り上げる「チームニッセイ」のメンバーにロバート秋山が選ばれ、本日6月17日に都内で行われた記者発表会に登壇した。

「チームニッセイ」のメンバーには秋山のほか、ゆず、綾瀬はるか、陸上の桐生祥秀選手が就任している。7月上旬には、秋山扮するキャラクター・火田聖一(ひたせいいち)が登場するWeb動画が公開される予定。この中では「聖火リレーをずっと追いかけてきた」という火田が聖火リレーの楽しみ方をレクチャーする。

会見では、秋山が火田について「『火だけを追い続けている』と言っていました。普通の火には興味がないらしい。オリンピックを追って各地を飛び回る人は聞いたことあるが、聖火リレーだけを追っている人はあまり聞かない」とコメント。司会から「火田さん自身は聖火ランナーに応募しないのでしょうか?」と尋ねられると、「火田さんは火を見るのが好きだから、自分はやらないと思います。ただ聖火ランナーの横でずっと走り続けているから、どの聖火ランナーよりもたくさん走っているらしい。一瞬たりとも見逃さない。全部の火を見続けています」と返して会場の笑いを誘った。

「聖火リレーに参加できるとしたら、誰に何を伝えるために走りますか?」という質問に、秋山は「血縁関係に自分のカッコいい姿を見せるために走りたい」と回答。「僕を40年間支えてくれたのは誰だろうって考えたときに、やっぱり血縁関係だなと。子供の頃に励ましてくれたのも血縁関係でした。だから聖火ランナーを務める姿をすべての血縁関係に見てほしい」と熱弁し、周囲から「『家族』とかでいいんじゃないですか!?」とツッコまれていた。

日本生命の聖火ランナー募集サイトでは後日、チームニッセイのメンバーが6秒間でランナーの募集を呼びかける動画「チームニッセイ 聖火ランナー勧誘 6秒チャレンジ」も公開される。

アプリで読む