Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から浜辺美波、東出昌大。

「ピュア!」腹黒アイドル演じた浜辺美波、「共通点はございません!」

ナタリー

19/7/25(木) 13:36

ドラマ「ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~」の試写会が本日7月25日に東京・NHK放送センターで開催され、キャストの浜辺美波、東出昌大が登壇した。

本作は、少々腹黒くなかなか売れないアイドル・黒薔薇純子と、彼女が“一日署長”として赴いた先で遭遇する天敵・警視庁捜査一課の東堂が、1日で難事件を解決していく痛快推理ドラマ。表と裏の顔を使いわけながら事件に首を突っ込んでいく純子に浜辺が、彼女を邪険に扱う東堂に東出が扮した。

“一日署長”の衣装で登場した浜辺は、作品の出来について「ちょうどいいシュールさが出て、小さい子からお父さんお母さんまで楽しんでいただける、お盆にぴったりな作品になりました」と自信をのぞかせる。それを聞いた東出は「役衣装だと黒薔薇純子のイメージが強いので『この子の言ってることは本心なのか?』と疑ってしまう(笑)」と笑い、「ミステリーなんですが、実にバカバカしくて、観たあとに何も残らない作品。これくらいバカバカしいものがあってもいいのかなと思います」とドラマを紹介した。

役作りについて浜辺は「ただ腹黒いのではなく、ちょっと残念なところがある子。売れない理由が皆さんにもわかってもらえるような、おバカな感じが出たらいいなと思いました」と語り、自身との共通点を聞かれると「共通点はございません!」と断言して笑いを起こした。浜辺が演技の参考にしたものについて質問されると、東出は「内面にあるもの……?(笑)」と茶化す。浜辺は「(腹黒いところは)私にはない部分なので(笑)」と訂正しつつ「衣装合わせのときに、監督から台本にない細かい設定までいただけたので助かりました」と答えた。

またこの会見には、演出担当の藤原知之も急遽登壇。純子のアイドル風の自己紹介は台本になかったそうで、東出から藤原へ「参考にしたアイドルは?」と質問が挙がる。すると藤原は「YouTubeを観て考えました。でも当日まで思いつかなくて、撮る1時間くらい前に浜辺さんに渡したんです。『振りもあるから難しいけどごめんね』と言ったら『これくらい大丈夫ですよ』と返してくれて。……ちょっとイラっとしてた?(笑)」と振って浜辺の腹黒い一面を引き出そうとするが、浜辺は「ありがたいセリフでした!」と爽やかに返した。

劇中には、人気のない純子が子供たちから無視されるシーンも。浜辺は撮影を振り返り「子供たちが容赦なく無視してきたので、本当に寂しくてけっこうつらい気持ちになりました」と笑いを誘う。一方東出は、現場で脚本家の蒔田光治と会話したことに触れ「蒔田さんが、古今東西、ミステリー作品には現実に存在しないような人物が出てきても面白い、とおっしゃっていました。アガサ・クリスティや江戸川乱歩の作品もそうですよね。今回もクセのある役が多いので、視聴者の方を浮世離れした世界に連れていけるのかなと思います」と考えを述べた。

また東出は、現在18歳の浜辺を「このお歳で女優さんとしても人間としても完成されている。僕もその背中を見ながらやっていこうと思っていました」と絶賛。「『君の膵臓をたべたい』などの作品を拝見しましたが、そういったお芝居を凛としてこなすのには、かわいさや天真爛漫さだけでなく、精神的な強さも必要だと思うんです。(この仕事をしていくうえで)これから心ないことを言われたり、不快な思いをすることもあるかもしれませんが、“作品を観てくれる方1人ひとりのために”という強い意志があるからキャリアを積んでいけると思う」と真面目に語る。それを受け浜辺は「ありがたいです。私には東出さんの背中が本当に大きく見えて……物理的なことではなく(笑)。心から尊敬しているので、東出さんのようにがんばらないとと思いましたし、改めて背筋を伸ばしたい」と言葉を返した。

「ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~」は、8月13日から3夜連続で放送。

特集ドラマ「ピュア!~一日アイドル署長の事件簿~」

NHK総合 2019年8月13日(火)~15日(木)22:00~
※第1話は70分、第2話と第3話は50分

アプリで読む