Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「さらば愛しきアウトロー」ビジュアル

「心は30歳のつもりだが」ロバート・レッドフォード、俳優引退を晴れやかに語る

ナタリー

19/7/3(水) 15:00

「さらば愛しきアウトロー」で主演を務めたロバート・レッドフォードのインタビュー映像が、YouTubeで公開された。

本作は実在した伝説の銀行強盗犯、フォレスト・タッカーの物語。タッカーをレッドフォードが演じ、「ピートと秘密の友達」「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」のデヴィッド・ロウリーが監督を務めた。

レッドフォードはインタビューにて、タッカーの魅力を述懐。タッカーの恋人ジュエルやタッカーを追う刑事ジョン・ハントに触れ、それぞれのキャラクターを演じたシシー・スペイセクとケイシー・アフレックについても語る。最後には「心は30歳のつもりだが、体は80歳の現実を受け入れなきゃならない。まあ21歳から演じてるから、もう十分だ」としみじみ。本作をもって俳優を引退するレッドフォードだが、晴れやかな表情を見せている。

「さらば愛しきアウトロー」は7月12日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

Photo by Eric Zachanowich. (c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

アプリで読む